Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

シュルーズベリー再訪~旅の記憶をたどって

シュルーズベリー駅1
”でかけるなら土曜日がいい” とBBCの天気予報で言っていたので







シュルーズベリー駅2 
ちょっと息抜き 電車でシュルーズベリーへ行ってきました

まだ日本に住んでいた頃 妹と2人で初めてイギリスへ旅行に来た時以来です
こんな建物が駅だなんて信じられない と言うか
まったく記憶に残っていません



シュルーズベリー図書館 
シュルーズベリーといえば ”種の起源” の著者
チャールズ・ダーウィンが生まれ育った町で有名ですね






チャールズ・ダーウィンの像 シュルーズベリー 
駅の近くにダーウィンの像があったというのは記憶していましたが
それは図書館の前だったんですね






チャールズ・ダーウィンの像 ロンドン 自然史博物館 
ちなみにこちらはロンドンの自然史博物館にあるダーウィン像
このポーズが象徴なのでしょうか






イングリッシュ・ブリッジ シュルーズベリー1 
セヴァーン川にかかるイングリッシュ・ブリッジの上で撮影
すご~~~~~く久しぶりに 広大な風景を見た感じがします






セヴァーン川 シュルーズベリー 
橋の上からはこんな景色を眺めることができます
ちなみにセヴァーン川ってイギリスで一番長い川なんですって
今日の新発見!





シュルーズベリー・アビー1 
橋を渡ってすぐに正面にシュルーズベリー・アビーが見えてきました
”修道士カドフェル” という推理小説の舞台となったところだそうです






シュルーズベリー・アビー2 
おや 駐車場のベンチのそばに鳥用のエサ発見!







シュルーズベリー・アビー3 
ベンチに座っているとブラックバードやスズメがヘッジの中から出てきてエサを食べ始めましたよ







シュロップシャー ワイルドライフ・トラスト センター シュルーズベリー 
通りを挟んで修道院の向かい側に
シュロップシャーのワイルドライフ・トラスト センターがあるので
きっとここの人たちがエサを置いていたのだと思います





シュロップシャー ワイルドライフ・トラスト センター シュルーズベリー2 
確か以前来た時に修道院の中か近くの建物で修道士の服装をした人がいて
そこでカリグラフィー体験が出来て 妹も何か文字を書いていたんですよ
それがこのネイチャーセンターのあたりだったような気がするのですが
違ったかな???





Please click for the vote. Thank you for watching.
ブログランキング・にほんブログ村へ
海外生活ブログ イギリス情報


人気ブログランキングへ
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。