Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

シュルーズベリー セントメアリー教会の逸話

 シュルーズベリー32
シュルーズベリー駅前の左に曲がって坂を上り左側にイギリスのスーパー ウェイトローズが見えたら
そこで左に曲がるとセントメアリー教会が左手にあります









シュルーズベリー33
入り口にあるプレートを読んでみたら Cadman と言う人がこの塔から落ちて亡くなった云々というプレート










シュルーズベリー34
教会の塔のてっぺんからローブで滑り下りる曲芸をしていたがロープが切れてしまった???
あそこから真っ逆さまに落ちてしまったの? と想像してしまいますよね
ところがいろいろ調べてみるとこういうことらしい

話は1739年 ”The Great Frost" と呼ばれた セヴァーン川が全面凍結するほどの寒い年のこと
人々は川の上でスケートを楽しんだり また対岸にある Gaye Meadow と呼ばれる広場は
サーカスやいろいろな催し物のイベント会場になっていたのだとか



シュルーズベリー37a
そのRobert Cadman と言う人 もとはとび職兼ロープスライダー 命知らずの曲芸師といったところか
教会の尖塔から対岸にある木にロープを張って まずピストルを撃ちながら尖塔まで登る
その距離およそ240m 登り切ったら今度は木製の胸当てをつけて頭からロープの上を
まるで飛んでいるような感じで滑り下りるはずだったらしい

滑り降りる前にロープがきつすぎるようだったので 少し緩めるようにとサインを送ったところ
その雇われた助手がサインの意味を間違えて逆に更に強く張ってしまった
半分ほど降りたところでロープが切れ Robert Cadman は落ちて亡くなってしまった!

ということらしいです チャンチャン


シュルーズベリー36
時は流れて1894年 その尖塔が崩れ落ちてしまった










シュルーズベリー43
それはちょうどシュルーズベリー図書館の前にダーウィン像が建てられたのと同じ年












シュルーズベリー35
当時の人びとはダーウィンが ”種の起源”なんていう
神を冒涜するような本を書いて(教会からすれば)
そんな人間の像を建てるということに対して神の怒りを買ったから
塔が崩れたのだと信じていたそうです






シュルーズベリー39
教会の周りの狭い路地に入れば中世にタイムスリップしたみたいな街並が











シュルーズベリー42
フィッシュストリートには











シュルーズベリー40
その名も ”Three Fishes" なんていうパブもある
全てがトラディショナル が売りらしい









シュルーズベリー38
Claremont Hill からセントメアリー教会を臨む



      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。