Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

橋がいっぱい シュルーズベリー

 シュルーズベリーa
地図でシュルーズベリーの中心部を見ると セヴァーン川にほぼ取り囲まれちゃっているように見える
一番くびれているところなんて260m前後くらいしかないのでは??? ほぼ島かも
そんな町だから橋がたくさんあるというか ないと困っちゃう
地図に番号書いたので 順番にどんな橋があるのか見てみましょう






シュルーズベリーの橋 イングリッシュ・ブリッジ
1番 English Bridge









シュルーズベリー29
橋の上はこんな感じ 駅の方から歩いてきたところ
正面 奥の方の茶色っぽく見えるのがシュルーズベリーアビー







シュルーズベリーの橋 グレーフライアーズ・ブリッジ
2番 Greyfriars Footbridge 歩行者専用








シュルーズベリー28
川沿いにはフットパスもある








シュルーズベリーの橋 キングズランド・ブリッジ 
3番 Kingsland Bridge
唯一有料の橋で 車は20p 日本円でおよそ28円
この金額2011年にそれまでの10pから2倍の金額に25年ぶりに引き上げられたのだとか
ちなみに歩行者および自転車はそれまでと変わらず 任意で1p 約1.4円!
この写真を撮った時は大雨の後で フットパスが水浸しになっていた




シュルーズベリーの橋 ポートヒル・ブリッジ
4番 Porthill Footbridge こちらも歩行者用









シュルーズベリーの橋 ウェルシュ・ブリッジ
5番 Welsh Bridge
この橋を渡り14kmも進めばそこはもうウェールズ

シュルーズベリーはウェールズとの国境の町として重要な位置にあって
中世の頃は羊毛の貿易が盛んで最も繁栄していたのだとか

その主要な交通網がセヴァーン川だったり 古くは古代ローマ人の作った
ローマ街道の一つでワトリング・ストリートとも呼ばれているルートが近くを通っていたから
イングリッシュ・ブリッジを渡り東へ向かえばイングランド ロンドン さらにはローマ!
ウェルシュ・ブリッジを渡り西へ向かえばばウェールズへ
昔から人々が行き来していたのね!!!



      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。