Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

ティット 乾通りで桜の通り抜け

桜の通り抜け 1 
こんにちは ぼくティット ロビットでもホビットでもガネットでもない
Blue Tit(アオガラ)のティット どうぞよろしく
今回は皇居にやって来ました 普段は入れない敷地の中の道を歩くことができるのだそうです
まず最初に手荷物検査 へへへ ぼくはノーマークでスルーしちゃいました





桜の通り抜け 2 
ところがマネージャーは飲みかけのペットボトルを持っていたら
”この場で一口飲んでください” と言われてしまい その通りにゴクゴク
びっくりしたけれどこれから日本ではサミットやオリンピックなど様々な国際イベントが開催されるから 
ホスト国として警備体制を徹底させなければいけないんだよね





桜の通り抜け 3 
そのあとボディーチェックを済ませていよいよ通り抜けへゴー!








桜の通り抜け 4 
はぁ~ 宮内庁庁舎というのはこんなところにあるんだ!








桜の通り抜け 5 
おおっ これは大奥の世界か?! お局さまぁ~








桜の通り抜け 6 
ちょっとタイムスリップしたみたいな








桜の通り抜け 7 
道灌濠という名前の濠と桜








桜の通り抜け 8 
いろいろな種類の桜を見ることができました・・・・・














・・・・・ん!?
















桜の通り抜け 9 
あっ あそこに見えるは








ツグミ 1 
つっ つっ つくし~ ちがう そっちじゃない








ツグミ 2 
ツグミ








ツグミ 3 
皇居で桜とツグミのツーショット








桜の通り抜け 10 
日本人ばかりでなく多くの外国人観光客もいました
ここは また来ようっと・・・というわけにはなかなかいかないんだよね
2013年 天皇陛下が80歳を迎えられたのを記念して翌年の春と秋に実施されたのが始まりらしいけど
次にここが通り抜けられるのは平成29年の秋なんだって





桜の通り抜け 11 
これが乾門ていうのか! 桜の通り抜けは一方通行でここが出口になっているんだね








wimbledon 10
お誕生日といえばイギリスのエリザベス女王は今月4月21日に
90歳のお誕生日を迎えられるんだって
この写真はマネージャーが撮影した女王様の写真 1枚しかないから
何度かこのブログ登場でもしているけどほとんどの人は見たことないよね




バッキンガム宮殿 1 
執務室などがあるバッキンガム宮殿は夏休み頃から秋にかけて
(今年は7月23日~10月2日までの間)







バッキンガム宮殿 2 
毎年公開されているけど 今年は4月~5月2日までの毎週末
特別なガイドツアーが組まれているらしく
オフィシャルガイドブックやグラスシャンペン ロイヤルコレクショントラストショップで
20%割引などの特典が付いてお値段なんと おひとりさま80ポンドってなん円?

いっ いちまんにせんななひゃくにじゅうえん!
(1ポンド159円換算で計算)

バッキンガム宮殿 3 
6月12日には宮殿前の The Mall で ”The Patron's Lunch" と呼ばれる
お祝いのストリートパーティーが開かれ 一般公募枠で抽選に当選した人だけには
4月中旬に通知されるのだとか 応募した人 もうすぐじゃないですか






バッキンガム宮殿 4 
そのパーティーチケットのお値段 なな何と150ポンド
計算機出てこい カシャカシャカシャ

あっ にまんさんぜんはっぴゃくごじゅうえん!!!





バッキンガム宮殿 5 
写真は2011年にバッキンガム宮殿へ見学に行った時のもの







バッキンガム宮殿 7 
その年にウィリアム王子とキャサリン妃が結婚したので
マネージャーはこんなティータオルを持っているんだ
お値段? 忘れちゃったってさ


        

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。