Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

ティット ロンドンでソーシャライズ

エジプトガン1
エジプトガンさん こんにちは ぼくティット











エジプトガン2
ロビットでもホビットでもガネットでもない Blue Tit(アオガラ)のティット
どうぞよろしく 初めてケンジントンガーデンに来ました










ホシハジロ
赤い目をしたホシハジロさん マネージャーの地元では見れない鳥だ











キンクロハジロ
今度は黄色い目のキンクロハジロさん こちらはマネージャーの地元でも見たことあるな











コブハクチョウ1
水辺をずっと歩いて今度はハイドパーク側に入ったよ











コブハクチョウ2
こんにちは コブハクチョウさん ぼくティット ハイドパークも今日が初めてなんです
どうぞよろしく










コブハクチョウ3
ところでこの日は風がものすごく強くて鳥さんたちも大変だったみたい











Carrion Crow
どれだけ強いかというと ほらカラスさんの首の羽が吹き上げられるくらい
外見は真っ黒だけれど 内側には白い部分もあるんだね










ロンドン4
風は強いけれどスノードロップはもう咲きはじめていた











ロンドン7
水の上を渡ってくる風は冷たすぎてもうダメ~ とサーペンタインレイクの東端にある











ロンドン5
Surpentine Bar & Kitchen  の中へさっさと逃げ込むマネージャー
本当はいつもの食いしん坊癖なのだけれどね











ロンドン6
少しでも暖かいものをと ビーフストロガノフをオーダー
一口食べて ”おいひ~!” と喜んでいた フラットブレッドも焼きたて











ロンドン3
前回ロンドンに来た時に Windmill というパブで食べた











ステーキアンドキドニーパイも それなりにおいしかったけれど











マネージャーにはビーフストロガノフのソースの味の方がより美味しく感じられたんだって
まあ好みは人それぞれってこと パイはパイ ビーフストロガノフはビーフストロガノフ






       

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。