Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

マネージャー的 季節の感じ方

モリバト
地元ネイチャーリザーブ
もしもこれだけの数の Woodigeon~モリバト がガーデンにいたとしたら
それは驚異であります だってガーデンバードのエサをモリモリ
あっという間に食べちゃうんですもの~!

今まで撮影できた中では一番多いかも
私が木の下から現れたので みんな飛んで行っちゃった


渡り鳥
連られて モリバトよりも一回り小さい鳥のグループが飛び出した
それが何だったのか ちょっとわからずじまい







渡り鳥1
そしたら今度は別のちっこい鳥の小集団が飛び回っていて
大きさから判断するに フィンチ系かなと思いました







渡り鳥2
家に戻ってパソコンに画像を取り込んで拡大して見たら








渡り鳥3
頭の上にかすかに赤い色が見られた これ以上拡大できないので
定かではないが Redpoll~ベニヒワの仲間のようです
この鳥を見ると季節の移ろいを感じる

ガーデンでの目撃記録は過去1度だけ
改めて ↑ その時の記事を見たら11月28日撮影となっていた
(もっとはっきりした画像で写っていますのでよろしかったら
過去記事見てみてください)

これは先週の撮影だから渡り始めの頃か?
スコットランドやウェールズ イングランド南西部では夏でも見られるそうですが
このあたりでは冬鳥とのこと

ロビン
これくらいの距離で撮れればもっとよくわかるのだけれどね~ ロビンちゃん









ホーソーン
ホーソーン(セイヨウサンザシというらしい)の葉っぱが黄色に色づき
実ん子は真っ赤にそまる








シータテハ
チョウチョもまだ飛んでいる これは羽の下側に白いCのマークがあったので
シータテハ チョウチョといったら 春夏ってイメージだけど
これで越冬しちゃうっていうからビックリ 
ちっこい生き物の世界も奥が深いわよね~




   


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。