Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

違いが分かってきたので Swift

ツバメ11





ツバメ12





ツバメ13





ツバメ14

地元の牧場付近上空をビュンビュン飛び回っているSwallow~ツバメ
上の4枚の写真をよ~くご覧になったうえで
下の4枚の写真を見てください









ヨーロッパアマツバメ1
これらは6月に地元で撮影したものなのですが










ヨーロッパアマツバメ2
ツバメっぽいなとは思っていたのですが
シルエットだけなので種類が特定できませんでした
遠くから見ると黒っぽくしか見えません








ヨーロッパアマツバメ3
最近になってSwallow~ツバメの集団をよく見かけるようになり
写真のシルエットを比較してみたら これはSwift~ヨーロッパアマツバメじゃないかと
羽がすごく細長い







ヨーロッパアマツバメ4
体長 : 16cm  体重 : 44g
平均寿命 : 9年  最長記録 : 17年11か月
夏の渡り鳥 4月下旬ころにやってきて およそ16週間後には
もうアフリカへ向けて旅立ってしまうのだとか
ということは仮に撮影日のころにやって来たとしても
地元にはもういないってことか・・・・・いや
もしかしたらどこかにまだいるかもしれない!!!



ケンジントンガーデンの夜明け
7月にロンドンに出かけた時にホテルの窓から撮影した
ケンジントンガーデンの夜明け








ヨーロッパアマツバメ5
日の出とともにラウンドポンド上空を飛び回る鳥たちの中にも









ヨーロッパアマツバメ6
Swift らしきシルエット
繁殖のために巣にとどまる以外 電線や木に留まることはなく
指が全部前にあるから崖などに爪をひっかけて縦にぶら下がるように止まるんですってね
眠るのも空の上で?っていうから驚き

イルカの脳が半分眠って半分起きているのと同じように
ヨーロッパアマツバメの脳も似たような働きをしているのだとか
まあ そうやっていれば空から落ちてくることもないわね





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

該当の記事は見つかりませんでした。