Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

ロイヤルガーデンホテルでウィンブルドン・アフタヌーンティー

ケンジントンガーデン1
(前記事続き)
わたしの恒例の夏休み ウィンブルドン観戦&ロンドンからプチ旅行
今回泊まったホテルはロイヤルガーデンホテル
なんてったって徒歩30秒でケンジントンガーデンに行けるのですから






ケンジントンガーデン2
お~ いきなりカラスさんがお出迎えしてくれました
ア゛~ 暑くて暑くて口が開きっぱなしですよ~








ケンジントンガーデン4
おや あそこに見えるはリス坊じゃないですか










ケンジントンガーデン3
見て見て~ リス坊のトロ~ンとした目 暑いのね










ケンジントンガーデン5
わたしも暑いのダメ モリフクロウの巣がある木の真正面で休憩
ホテルのレストランでアフタヌーンティーを予約したのですが
まだ時間があったので久しぶりのケンジントンガーデンめぐり
時期的に小鳥たちは換羽のころ 茂みの中に隠れて出てこないし
履きなれない靴を履いてきたので 足がいたくなっちゃった





ウィンブルドン アフタヌーンティー7
ロイヤルガーデンホテルの Park Terrace Restaurant   では この時期
ウィンブルドンをテーマとしたアフタヌーンティーが楽しめます
26ポンドというお値段もホテルとしてはお手頃なのではないでしょうか?







ウィンブルドン アフタヌーンティー8
ホテルでのアフタヌーンティーは2度目ですが こちらでは
こんなにたくさんの茶葉の中から選ぶことができるんですね
時間をもらっていろいろ香りを嗅いでみたけれど どれか1つに決めようと思うと
ちょっと迷ってしまいます まあそういう時は普段は飲んだことのない
見たことのないものを選ぶのが おのぼりさんマネージャー流ということで





ウィンブルドン アフタヌーンティー10  
シルバーチップというのを選びました 最初に注いでもらった時がこんな色
とても薄いんですね 味も香りもほんのりとしか感じられなかったけれど
なんというかやわらかい紅茶?って感じ? 普段はスーパーで買ったのしか
飲んでないから それが紅茶の基本の味として定着してしまっているんですよ






ウィンブルドン アフタヌーンティー9  
まずはサンドイッチ アフタヌーンティーでランチの予定だったのでもうおなかペコペコ 
以前別のホテルで食べた時はサンドイッチおかわり自由だったけれど
ここではワンプレートのみ これで足りるかな?







ウィンブルドン アフタヌーンティー11 
お待ちかね スイーツ登場









ウィンブルドン アフタヌーンティー12
このあたりがウィンブルドンテーマというところでしょうか
ストロベリー&クリームチーズケーキとか ラケットの絵のついたマカロンとか








ウィンブルドン アフタヌーンティー13
ホカホカのスコーン これが結構おなかにたまるんですよね









ウィンブルドン アフタヌーンティー14
これは2口でわたしのおなかの中へ
(本当は一口でいけたんだけれど それじゃああまりにも・・・・・)
予想に反してかなりおなかがいっぱいになったので
ケーキ3つほど残してしまいました もちろん箱に詰めてもらって持ち帰り





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
   にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。