Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

日が暮れても終わらない試合 でも長い試合はお手のもの

ウィンブルドン13
(前記事続き)                                                 
わたしがまともに試合を見れたのは日も傾き始めて雲も流れてきてからのこと









ウィンブルドン12
No. 1 コートの第3試合はマリン・チリッチ選手 VS ジョン・イスナー選手
 イスナー選手は身長が2メートル8センチもあるんですって
そんな選手がジャンプしてサーブ打ったら3メートル以上の高さから
弾丸サーブが飛んでくるってこと?







Wimbledon6_201507080603205a8.jpg
わたしはイスナー選手があの最長時間試合の記録を打ち立てた時も
18番コートの試合を丘の上からチラッと観ていました 
混んでいて中には入れなかったような記憶があります








ウィンブルドン14
試合を見ていたらイスナー選手 サービスの前に必ずボールを後ろから










前へと 長~い足の下をくぐらせるんですよね










ウィンブルドン16
それからサーブを打つ 選手によってクセもいろいろ 










ウィンブルドン17
試合時間は4時間を超え あたりも薄暗くなってきました
審判長が選手に話をしに来ましたが 選手はそのまま続けたいとのこと
とりあえず引き下がります







ウィンブルドン18
試合はごらんの通り セットカウント ゲームカウント全く同じに戻し ちょうど日没









ウィンブルドン19
続きは翌日行われ 結果はチリッチ選手が勝ったようですね
(しかし今日~イギリス時間7月8日~の準々決勝でジョコビッチ選手に負けてしまいました)









ウィンブルドン20
選手が去ったら即芝刈り音がドドドドド~ コート整備が始まりました





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ       にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。