Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

Hawkstone Park でハイキング シュルーズベリー

(前記事の続き) 
ホークストンパーク11 
Hawkstone Park は どう歩いてもいいのだけれど
おすすめとして1時間~3時間くらいでまわれる4つのルートがあって
その中の一番時間のかかるルートを歩きました こんな狭い橋があったり







ホークストンパーク12 
下をのぞきこむとコワいよ~









ホークストンパーク13 
あそこに見える岩棚まで行きます









ホークストンパーク14 
上ったと思ったら また下がったりして 最終的にまた上って
ヒーハー ヒーハー また息切れがしてきちゃいました~








ホークストンパーク15 
Oh,  ビューティフォー! ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
この岩棚の名前 Ravens Shelf  と言います
かつて Raven~ワタリガラス が巣を作っていたという岩棚 
これを見たかったんですよ

この日は Jackdaw~ニシコクマルガラス は見ましたが
Raven らしき姿は見られませんでした 
もっと南かウェールズの方まで行かないとダメかな


ホークストンパーク16 
ここは自然の地形を最大限利用して作られたランドスケープ・パークで









ホークストンパーク17 
こんな洞窟もあるんですね










ホークストンパーク18 
あちらには先ほど渡っていた橋が見えます










ホークストンパーク21 
うわっ ここは牢獄!









ホークストンパーク22 
でも扉をあけて外に出て見ると ゴシックアーチが見えますよ









ホークストンパーク23 
帰りのルート 近道したい人は丘を下って平らな道を









ホークストンパーク24 
でも一番時間のかかるルートを行けばこんなところや










ホークストンパーク19 
う~っ 通り抜けられるかな???









ホークストンパーク20 
こんな景色も見ながら戻れるんです ああ 面白かった!










ホークストンパーク 
この公園は 右側ウォータールー(ワーテルロー)の戦いで勝利をおさめたウェリントン公こと
アーサー・ウェルズリーの右腕として第2軍団を率いていた ヒル中将こと ローランド・ヒル(左側)の
おじにあたるリチャード・ヒルって言う人がおもに景観の整備をすすめていたそうです
(なんでここでウォータールーの戦いが出てくるの? ややこしくて よくわからないよ~)

要するにヒル一族が所有していた土地で 戦後放置されていた時代もあったけど
1993年に修復を得て再びオープン

ちなみに今年はウォータールーの戦いから200年なので
6月18日~21日まではそれにちなんだイベントもあるみたいですよ




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ   にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。