Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

3世代のマイケル・フラットレー

 Lord Of The Dance 1 
こちらは本物の Lord Of The Dance~Dangerous Games
前記事の Lord Of The Worm Dance~Delicious Games とまでよくモジったもんでしょ
”いったい何だ この変なタイトルは?!” と思われた方も
これでやっと納得してもらえましたでしょうか





Lord Of The Dance 2 
初日から24日までのイブニング公演に マイケル・フラットレーが特別出演!!!








Lord Of The Dance 4 
ロンドンのドミニオン・シアターまで行っちゃいました~








Lord Of The Dance 3 
プレ・シアターにはソーホーにある herman ze German でブラートブルストとサラダのプレート








Lord Of The Dance 5 
初めて生マイケル・フラットレーを観れました~!!!
全体のストーリーは今までの路線を継承しつつも
時代の流れでステージやコスチュームの印象がガラっと変わっていた

そして驚いたのはプログラムのキャスト紹介のページに
Michael St James Flatley という子供の名前があったこと
親子で共演? すごい!
ステージ終わってみて ”ああ そういうことね” ってな印象だったかな

翌日マイケル・フラットレーのフェイスブックを観ていたら
"My Dear Father Michael James Flatley passed away yesterday
on the opening night of my show・・・・・"  お父さんが亡くなったって昨日のこと?!
観ている時は全然そんなこと知らなくて とても元気にステージを盛り上げていたんですよ
さすが プロフェッショナル "Show Must Go On"  
さぞかし心が痛んでいた事と思います

親子3代 みなマイケルと言う名前 お父さんの祖国アイルランドでの引退ツアーに
招待するのが夢だったのだとか 今となってはかなわぬこと
お父さんマイケル きっと天国の特等席で息子や孫の将来を見守っていることでしょうね

ご冥福をお祈りします
 









☆       ~       ☆       ~       ☆       ~       ☆








ネイチャーセンターのロビン 28 
ところ変わってこちらは地元ネイチャーセンターの右足が不自由なロビン
今日(イギリス時間3月17日)もしっかり縄ばっていました
ちょっと目のまわりのキズが気になりますが・・・・・



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。