Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

ホントにちっこい鳥だったんです

カイツブリ6 
(前記事の続き)
その後もマネージャーの追跡は続き ついにおさかなゲットした現場をとらえた・・・・・が







カイツブリ7 
また一番奥に身をひそめてしまってよく見えない







カイツブリ8 
もう食べちゃったよ~







カイツブリ9 
どれくらいちっこいかというと ほら Mallard~マガモ さととツーショットだとよくわかるでしょ







カイツブリ10 
見た目も雛ちゃんみたいで 撮影中は何ていう鳥だかわっぱりわからなかったけれど
あとで調べて見たら Little Grebe~カイツブリ という鳥で
イギリスでは湿原 池 湖や川 運河など どこでも?見られる鳥らしいです
が 私は初めて見ました 

カイツブリと名の付く鳥だったら 


カンムリカイツブリ1a 
去年 ロンドンのハイドパークで カンムリカイツブリ と言う名の鳥さんを見ました
ブリーディングシーズンのコートシップダンスを目の前で見れたんです (撮影は去年の3月下旬ころ)

この美しい冠のために19世紀のイギリスでは絶滅寸前まで追い込まれてしまった
その羽根を何に使ったかって? 特に帽子 アクセサリー その他洋服など
ファッション業界が目をつけていたのですね

その後の保護活動により現在では夏の繁殖時期の数は
約4,600ペア(British Trust for Ornithology)
約5,300ペア(RSPB)
と参考にするサイトで開きがありますが
四捨五入したらアバウト5,000ペア前後まで回復したってことでしょうか



カンムリカイツブリ2b 
近くに Coot~オオバン が近寄ってきたら ”あっちイケ~”
って 追い立てる時も冠はオカンムリ状態








カンムリカイツブリ3c 
やっと落ち着きましたかな?





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。