Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

シュルーズベリーって奥が深い / ツアーの〆は上野でどうぞ~!

シュルーズベリー86
(前記事より シュルーズベリー 続き)
前記事まではダーウィンのガーデンツアーだったけど









シュルーズベリー87
今回の写真はシュルーズベリーの町なかに点在するダーウィンにちなんだ場所をめぐる
ウォーキングツアーに参加したときのもの









シュルーズベリー88
中でもこちら Bellstone  と呼ばれている花崗岩の大きな石は
イギリスではスコットランドとの国境付近で多く見られるものだと聞いたダーウィン
それがどうして遠く離れたシュルーズベリーの方にあるのか? という疑問をいだいていた
後にエジンバラの大学に行って地質学を学んだ時に 
最終氷期に氷河によって運ばれたのではないか? というアイデアにたどり着き
その奥深さに気づかされた 生物ばかりでなく地質学への興味を持つきっかけとなった石だから
重要なんですよ~ っていうことなのだそうです



シュルーズベリー85
こりゃまた不思議な形をしたものが! 
ダーウィン生誕200年を記念して2009年に建てられたモニュメント 
Quantum Leap ??? 日本語では飛躍的進歩とか 物理学用語で量子飛躍とかいう意味の
マネージャーは理解に苦しむ 何だか難しい言葉






シュルーズベリー89
こちらはその名もズバリ Darwin Gate
ダーウィンのウォーキングツアーの出発地点になっています









シュルーズベリー90
これ ある方角から見るとあるものに見えてくるんですけど なんだと思います?










シュルーズベリー91
こうやって見ると・・・・・ほうらね










ヘルメット1
似てるでしょ










ヘルメット2
昔の人が戦いの時にかぶるヘルメットに
ガイドさんに教えてもらわなければ絶対わからなかった
だから現地のウォーキングツアーってその町のことを知るのにとっても役にたつんですよね







上野の桜
ところで今東京・上野はお花見で沸騰しているけどその上野にある国立科学博物館で










自然史博物館
イギリスの自然史博物館展をやっているって!









ロンドン標本1
あの始祖鳥の化石も展示されているのだとか 
これらの写真は2012年にロンドンの自然史博物館ヘ行った時に撮影したもの









ロンドン標本3
その時の記事はこちら⇒ ”カササギくらいの大きさで★カラスのように黒かった・・・かも” )

そればかりかダーウィンの ”種の起源”
直筆原稿も見られるっていうじゃないですか!

ダーウィンを身近に感じるいい機会かも~ 6月11日までやっているそうです

こりゃ上野に行くしかない!

      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。