Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

Thinking Path こんなところで遊んでいたのね

シュルーズベリー64
(前記事 シュルーズベリー ダーウィンガーデンツアー続き)
それじゃあダーウィンがいつも遊んでいたところへ行ってみましょうよって
連れていかれたのが・・・・・







シュルーズベリー65
セヴァーン川に面した斜面を下る道 ダーウィンは毎日朝食の前に30分ほど
ガーデンを歩くことを習慣づけられていた そのことが結婚後ロンドンから移り住んだ
ケント州の Downe House に隣接する林に作った砂利を敷いた小径 Sandwalk が 
日々のウォーキングや また何にも邪魔されずいろいろな思いを巡らせることができる
”Thinking Path" と呼ばれることにもつながっているのだとか




シュルーズベリー50
何やら大きな穴が開いている これは









シュルーズベリー51
氷の貯蔵室として使われていたのではないかということ









シュルーズベリー66
その近くには バジャーの住んでいる穴がある
でもバジャー(アナグマ)は夜行性なのでお目にかかることはできなかった
実はこのツアーに参加した後にこのあたり一帯をシュロップシャー州の
ワイルドライフトラストが購入し Darwin's Childhood Garden として
整備が進められたそうです




シュルーズベリー52
シュルーズベリーとは関係ないけれど一緒に参加したこのおねえさん 
実はこの人こそが ”レミントン・スパはとってもいい所よ” って教えてくれて
その後レミントン・スパに興味を持つきっかけとなった
つまりこのおねえさんに会わなければマネージャーは
Blue Tit(アオガラ)のティットに出会うことはなかったのだ!!!




シュルーズベリー53
シュルーズベリーのセヴァーン川でも地元のカレッジのボート部のみなさん練習中でした



      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。