Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

Climb the Tower ウスター大聖堂

ウスター大聖堂22
(前記事 続き)
こんにちは わたしパフィット ロビットでもホビットでもガネットでもティットでもない
Puffin(ニシツノメドリ)のパフィット どうぞよろしく
マネージャーと1回限りのイギリス女子旅の記録の続きよ

ウスター大聖堂の前に紹介していたリッチフィールド大聖堂で
タワーに登ることができなかったマネージャー
今度はどうしても登りたいって聞かないのよ
(2017年のスケジュールはこちらでご確認を⇒ Climb the Tower )










ウスター大聖堂21b
すみません 食いしん坊1人 パフィン1羽お願いします
(*正しくは Adults £4  Children under 16 £2  Family £8)















ウスター大聖堂10
ここからまず109段の階段を登ってから









ウスター大聖堂11
Clock Chamber と呼ばれる部屋に到着
この上に Ringing Chamber というベルを鳴らす部屋と
さらにその上にはベルを調節する部屋があるけど一般には公開されていないとのこと






ウスター大聖堂12
さて一息ついたところで さらに126段の階段を登って・・・・・マネージャーだいぶ苦しそう









ウスター大聖堂13
あっ 光が見えてきた 誰かが ”もうすぐだよ カモ~ン!” と呼んでいる









ウスター大聖堂15
うわぁ~っ タワーの頂上に到着 フロアの高さ52m










ウスター大聖堂14
ようこそ タワートップへ パフィットさん あなたは鳥だから入場料要らないんですよ
カモ~ンとよんでいたのはカモメさんだったのね








ウスター大聖堂17
セヴァーン川とウスター・ブリッジ その奥に鉄道橋がちっこく見える










ウスター大聖堂18a
そしてこちらの白〇印の方角のどこかに
オリジナルのウスターソースを作ったという
Lea & Perrins のソース工場があるそうです







ウスター大聖堂19
こちらには1つだけの尖塔が見えますよ
St. Andrew's Spire(Glover's Needle) と呼ばれているそうです








ウスター大聖堂20a
マネージャー何やら気になっていたことがあるらしい
あのハヤブサさんは位置的に水色の←のあたりにいたってことか








ウスター大聖堂23
でも登った時はあたりにハヤブサさんらしき姿は見当たりませんでした









ウスター大聖堂16
ツアーなのでいつまでも上にいられるわけではなく
ガイドさんやほかのお客さんと一緒に行動しなければならないので
ウスターの街並を一通り眺めてからこの狭い階段を下りました


      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。