Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

B地点とC地点も

カラスの巣1 
(前記事 続き) ここがB地点 住宅街の電信柱にもハンガーがいっぱい









カラスの巣2 
次の日行ってみると 下に巣材がたくさん落ちていました









カラスの巣3 
あれ カラスさん 撤去されちゃったの?
この地区は対応が早いな でもまだ繁殖シーズンは始まったばかりだから
あの状態で撤去では また近くに新しい巣を作り始めるかも






カラスの巣4 
そしてこちらがC地点 発見した時には完成に近かった感じ








カラスの巣5 
ここはお隣の町なので しばらくしてから行ってみたら・・・・・
親鳥が座っていました 右側が尾 左側に頭とクチバシが見えます







カラスの巣6 
この近くには高層マンションがた~くさん建ち並んでいるので








カラスの巣7
ハンガー奪いまくり
しかしここC地点の巣もその後撤去されていました
このカラスの場合 もう卵を産んでしまった後のようだから
今シーズンの繁殖はあきらめるか???

となると残るは D地点!(まだあったんかいな?)


     


関連記事
-

はじめの1本 A地点

カラスの巣1 









カラスの巣2 









カラスの巣3 









カラスの巣4 









カラスの巣5 














☆       ~       ☆       ~       ☆       ~       ☆













カラスの巣6 
くっ クチバシが~折れる~








カラスの巣7 
こんにちは ぼくティット ロビットでもホビットでもガネットでもない
Blue Tit(アオガラ)のティット どうぞよろしく







カラスの巣8
ぼくには大きすぎて運べないや こうした針金のハンガー
でもカラスさんはヒョイっとくわえて軽々と運んで行く








カラスの巣9 
それどころか 見てよこれ








カラスの巣10a 
もっと太いプラスティックのハンガーまで持ってきちゃうカラスもいるんだね







桜 
さて1枚目~5枚目までの写真 ぼくが住んでいる町で見つけたもの
場所をA地点と呼ぶよ 最初は電信柱の上に巣を作っていたカラスさん
ちょうど桜が満開のころだったんだ 途中で気が変わったのか 
すぐ隣(直線距離にして6mくらい)に生えていた木に新しく作りはじめたんだけれど 
数週間後に行ってみたら 巣は跡形もなく消えていました




   


関連記事
-

何もないようで何かある

コブハクチョウ 11
ところ変わってこちらは東京のど真ん中 皇居のお濠でなんと








コブハクチョウ 12 
コブハクチョウ発見! 








コブハクチョウ 13 
草が1本も生えていないところで巣作り? 水の上に浮いていた枯葉をくわえては








コブハクチョウ 14 
浮巣の上へ そして上にいた個体がまた巣材をくわえては








コブハクチョウ 15 
パラッ パラッと盛り上げていくその様は








コブハクチョウ 20a 
まさにイギリスの公園で見かけた








コブハクチョウ 21b 
巣材パスそのもの















☆       ~       ☆       ~       ☆       ~       ☆














コブハクチョウ 16 
その20日後に同じ場所へ行ってみると 何と 

                  ↓

カメの甲羅干し
カメさんに占領されてしまった~?










コブハクチョウ 17 
当のコブハクチョウたちは お濠で優雅にくつろいでいました
こうしてみると巣材なんてまったく手に入らないように見えますが・・・・・











☆       ~       ☆       ~       ☆       ~       ☆













コブハクチョウ 18 
さらにその2週間後に行ってみると・・・・・









コブハクチョウ 19 
松ぼっくりがあったとさ! 









コブハクチョウ 22 
その後は








カメ 
カメさんたちと








コブハクチョウ 24a 
浮巣をシェアしていました








コブハクチョウ 23
カメさんたちはコブハクチョウから追い立てられる心配はないようです


      


関連記事
-

コブハクチョウは今

コブハクチョウ 7
あそこにいるのは








コブハクチョウ 8
コブハクチョウの若鳥くんたち








コブハクチョウ 9
やあ こんにちは ぼくティット ロビットでもホビットでもガネットでもない
Blue Tit(アオガラ)のティット どうぞよろしく







コブハクチョウ 10
お父さんやお母さんと一緒なんだねだね
これらはイギリスのリッチフィールドという市にある公園に住むコブハクチョウのファミリー
今年の冬 まだマネージャーがイギリスにいる間に撮影したものだよ






コブハクチョウ 1
そしてこっちはマネージャーがイギリスで住んでいた とある町の公園のコブハクチョウのオス








コブハクチョウ 2
心ないバカ者たちに巣や卵を壊されたり 物を投げられたりして








コブハクチョウ 3
2年連続 繁殖に失敗したけれど それでも夫婦仲良くこの場所で生き続けている








コブハクチョウ 4
今年の繁殖を見届けることができず この時が最後の対面となったんだけれど








コブハクチョウ 5
コブハクチョウが毎年巣を作っていた場所に第3のフェンスが登場








コブハクチョウ 6
第1と第2のフェンスは気休めってかんじだったけれど これならもうちょっと安心
あのコブハクチョウは今 どうしているのかな? たぶん・・・・・










こんなことしていると思います これは去年の4月に撮影したもの
繁殖シーズン中は 縄張りに侵入してきた大型の水鳥たちをことごとく追い払う 
ホントはコワいコブハクチョウ
水上でのチェイスは迫力満点だから ぜえったい見てね~




      

関連記事
-

さくらちゃんは今

さくらちゃんとティット1 
こっ これが







ロビットとさくらちゃん9 
ロビットちゃんをアタマから丸かじりしたさくらちゃん!!!

  ↑
(こちらをクリックすると過去記事へ飛びます)





さくらちゃんとティット2 
こっ こんにちは ぼ・・・ぼくティット ロビットでもホビットでもガネットでもない
Blue Tit(アオガラ)のティット どっ どうぞ よ よ よ よろしく・・・・・







さくらちゃんとティット3 
かっ かっ かっ かじらないで~!!!








さくらちゃん1 
ペロン








さくらちゃん2 
むにゃむにゃ
さくらちゃん 今では孫もいるおばあちゃんネコだった!!!







ハナカイドウ 
さくらちゃんのおうちにはハナカイドウや








チューリップ 
チューリップの花が咲いていて








スズメ 
電線にはスズメさん








シジュウカラ 
柿の木の枝にはシジュウカラさんや








ヒヨドリ 
ヒヨドリさんも遊びに来ていたよ





      

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。