Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

Corvidae ワールドカップ 後半

ガーデンバード・ワールドカップ26
前記事 からお伝えしております Corvidae ワールドカップ
Magpie ツイッターズ 対 Jay ミミックス
後半戦が始まりました ツイッターズのトライは得点にならず
0対0のまま折り返しました
Jayミミックス ここで一気にリードを奪いたいところでしょう





ガーデンバード・ワールドカップ31
さてこの Corvidae ワールドカップにもう1チーム参加しておりましたのが
こちら Carrion Crow オールモーストブラックス 残念ながら決勝には残れませんでした
どうしてそういうニックネームが付いたかって?
だいたいお察しがつきますでしょう






 ガーデンバード・ワールドカップ34
大抵のポケット図鑑は Carrion Crowの羽の色は All-black と書いてありますが
地元図書館の持ち出し禁止の分厚い図鑑によれば 
光沢のある緑 青または赤みを帯びた紫等の色が見られるとありました
お天気の良い日にはテカって見えます






 ガーデンバード・ワールドカップ33
そしてこれは曇天光 ビミョーに色合いが違います
真っ黒ではなく・・・・・でもほとんど黒なのかな~? 
ということでオールモーストブラックスというニックネームがつきました







ガーデンバード・ワールドカップ32
その Carrion Crow オールモーストブラックスですが 
Buzzard~ヨーロッパノスリ がスタジアム上空を通過したため
いつもの癖で 執拗に追いかけて いってしまい
試合時間までに戻って来れず失格となってしまいました







ガーデンバード・ワールドカップ17

それにひきかえJay ミミックスは 時間にパンクチュアル であります
ボールをガッツリくわえて登場しました








ガーデンバード・ワールドカップ12
この角度からのトライはかなり難しいですが どうでしょうか?










ガーデンバード・ワールドカップ35
見てくださいこの表情 トライ前にしっかりと方角を見据え 精神を集中させています
ボールをノドに収めました こういった行動はなかなか得意であります
Jayミミックス







ガーデンバード・ワールドカップ19
白いオチリがなんともカワイイではありませんか!









ガーデンバード・ワールドカップ20
敵の攻撃をうまくかわすことができるでしょうか?









ガーデンバード・ワールドカップ21
Jayは羽音を立てずに飛ぶのが得意でもあります
いつ飛んできたのか まったくわからないくらい








ガーデンバード・ワールドカップ22
ここは Magpieツイッターズの嫌がらせをまったく受けずに









ガーデンバード・ワールドカップ23
抜け出せたようであります









ガーデンバード・ワールドカップ24
そして高度を上げて









ガーデンバード・ワールドカップ25
ゴールへ向かってまっすぐ飛んでいきました~









ガーデンバード・ワールドカップ36





       

関連記事
-

Corvidae ワールドカップ 前半

ガーデンバード・ワールドカップ1
やっぱりこの企画ははずせない 今週しかできない 来週になったら過去のこと
ですからやっちゃいました 
”ラグビーワールドカップに寄せて”

Corvidae and Team Garden Birds Presents 

Corvidae ワールドカップ ファイナル
                                                       
紅葉はイマイチけれど芝生だけはきれい さすがイギリス                               
                                                          
                                                          
                                                           
ガーデンバード・ワールドカップ2
レフェリーを務めますのは Grey Heron 颯爽とポーズをキメています




 



ガーデンバード・ワールドカップ4
対戦するのは Magpie ツイッターズ VS Jay ミミックス・・・・・はぁっ? 
マネージャーの 意味不明 はいつものことですが 
今回はちゃんと意味があるんです







ガーデンバード・ワールドカップ5
ウォーミングアップを終えたJayミミックス
Jayは他の生き物の鳴き声をMimic~真似することが得意でありますので
ニックネームがミミックスとなりました







ガーデンバード・ワールドカップ6
両チーム位置に着きます









ガーデンバード・ワールドカップ7
さあ どんな試合になるのでしょうか?









 ガーデンバード・ワールドカップ3 
レフェリーは Grey Heron~アオサギ ですが
その鳴き声は聞くに堪えないということで
ホイッスル担当は 美しい音色 バラエティーに富んだメロディーを得意とする
美声の持ち主 ロビンちゃん が努めます
ヒーン カラカラカラ~




ガーデンバード・ワールドカップ8
試合開始直後から仕掛けてきたのは Magpie ツイッターズ
どうしてツイッターズというニックネームが付いたのかというと
Magpie は単独行動しているときも
しょっちゅうぶつぶつと何かをつぶやいている姿を見かけるからであります






ガーデンバード・ワールドカップ27
さてそのMagpie 早くもボールを奪ったか?









ガーデンバード・ワールドカップ28
しかし苦戦している模様









ガーデンバード・ワールドカップ29
何とかノドに押し込んで









ガーデンバード・ワールドカップ30
飛び立ちました









ガーデンバード・ワールドカップ9
さあ うまくトライできたのでしょうか?









ガーデンバード・ワールドカップ10
あっ いました 位置的にはど真ん中のようです









ガーデンバード・ワールドカップ11
みんな固唾をのんで見守っていますが









ガーデンバード・ワールドカップ13
何ですか? 外野にいた Jackdawチムニーズから物言いがついたようですね
Jackdaw は民家の煙突の中に巣を作ることで知られています
そこでつけられたニックネームがチムニーズ






ガーデンバード・ワールドカップ14
残念ながら彼らは決勝に進むことができませんでしたが
どさくさに紛れて飛び出してしまいました
先ほどのMagpieに尋問しているようですが いったいどうしたのでしょうか?







ガーデンバード・ワールドカップ15
えっ? トライする前に食べちゃった?








ガーデンバード・ワールドカップ16
ここはレフェリーが動きました 
イエローカードは避けられないといったところでしょうか
(後半戦へ続く)




   


関連記事
-

モーニング・ソーシャル

公園の犬6
チャーリーくん









公園の犬7
ミカちゃん









公園の犬4
ハーヴィーくん









公園の犬2
あれ 今日はヒューゴくんはいないの?









公園の犬3
地元の公園に朝一で出かけるときに会うメンバー









公園の犬1
飼い主もそれだけの人数いますが








公園の犬5
1人で4匹のワンちゃんを連れている人に会ったこともあります
”今日は私がドッグシッターをやる日なの!” ですって

”何かいた?” ってよく聞かれるんだけれど
”鳥よりも多くの犬種に出会いましたよ” 
っていつも答えてます



















☆       ~       ☆       ~       ☆       ~       ☆




















ラグビーワールドカップ・グッズ
この前(ってもう2週間近く経っていますが)ロンドンに出かけた時
お土産を買う予定もあって こんな品々を手に入れてきました

ラグビーワールドカップのショップはコベントガーデンと
オックスフォードストリートにありましたが
日本関連のグッズは何も見つからず 全出場チームのマークの入った
帽子やマフラーなどがあったくらいかな 写真中央 手に持っているのは
冷蔵庫用のマグネットで栓抜きとして使える
実用的だし コレクションにもイイかな なんて思ったりして

最初はね 日本に住んでいる身内も
イギリスでラグビーのワールドカップが開かれているっていうことを知らなかったって言うし
それどころかロンドンに住んでいる日本人の知り合いの方だって
イギリスで開催されているってことを知らなかったと言うし
関心度低かったんですね

いつも日本から食品いろいろ送ってくれる友人は
弟さんが学生時代にラグビー部に所属していて
前からラグビーファンだったので
サッカーばかりではなく ラグビーも注目されるようになったことを喜んでいました





       

関連記事
-

レム川のにらみ合い

レミントンスパのコブハクチョウ24
イギリス ウォリックシャー州 レミントン・スパの町なかを流れる River Leam~レム川の
コブハクチョウの幼鳥に 真っ白な大人の羽がちらほら見えてきました








レミントンスパのコブハクチョウ25
相変わらず下流に一人ぼっち・・・・・かと思ったら









レミントンスパのコブハクチョウ26
この日は仲間がちらほら









レミントンスパのコブハクチョウ33
秋色 Jephson Gardens の人気スポットはやはり Mill Bridge









レミントンスパのコブハクチョウ27
橋から上流側には ものすごい数の Canada Goose~カナダガン









レミントンスパのコブハクチョウ28
そこへエサをあげる人がやってくると大賑わい
こういった光景は ロンドンでも 地元でも どこの町ヘ行っても変わらない
共通の空間だと思います






レミントンスパのコブハクチョウ29
その賑わいを察して下流にいたコブハクチョウたちがやってくると
上流にいた2羽がバスキングスタイル(Busking~威嚇のポーズ)で








レミントンスパのコブハクチョウ30
にらみつける









レミントンスパのコブハクチョウ32
下流に勢ぞろいしたのは この夏ずっと見てきたファミリーグループか?









レミントンスパのコブハクチョウ31
レム川のにらみ合い いつまで続くのでしょうか?














        

関連記事
-

ウォータールー・ストリートからルー・トレール?

ウォータールー・ストリート
バーミンガム市庁舎前にあるビクトリアスクエアからバーミンガム大聖堂へと通じる
ウォータールー・ストリート界隈には








ウェリントン・パッサージュ
ウェリントンパサージュとか









ウェリントン・パッサージュ1
The Wellington という名前のパブとか









ウォータールー・ストリート1
ウォータールーハウス ウェリントンハウス等
あのワーテルロー(ウォータールー)の戦いにちなんだ名前のついた
建物がいくつもあります このあたり もう何十回と通っているはずなのに







ビクトリアスクエア
今まで一度も気づかなかった 
Loo こんなトイレあったんですか?!
後ろの市庁舎のドームと トイレのドームとよく似ていますね 意味深?
中に入るのには勇気が要るかもしれないけど
緊急を要するようなことがあったら 使ってみたいと思います




ヨークス・ベーカリー・カフェ1
ビクトリアスクエアからバーミンガム・ニューストリート駅へ続く
Pinfold Street に バーミンガムでも美味しいコーヒーが飲めると評判の
Yorks Bakery Cafe がいつの間にやらオープンしていました







ヨークス・ベーカリー・カフェ2
あの背景のギラギラしている銀色の壁が装いも新たにオープンした









ヨークス・ベーカリー・カフェ4
バーミンガム・ニューストリート駅 そこからほんの100m









ヨークス・ベーカリー・カフェ3
反対方向にはバーミンガム市庁舎 絶好の立地条件じゃないですか!!!








ヨークス・ベーカリー・カフェ5
12月には3店舗目がキッチンとしてオープン予定ですって

今バーミンガム中心部の物件の価格が上昇傾向にあるのだとか
地元新聞ではBirminghamのことを Boomingham~ブーミンガム(Boomにかけた)
なんて呼んだりしているし





バーミンガム ニューストリート駅5
イギリスって大都市以外の地域の駅の周りには 普通は何もなくて
そこから10分くらい歩いて 日本で言うところの商店街に行くという感じだから 
駅の真上にデパートとか ロンドンのオックスフォードストリートにあるようなお店が
ドーンと直結したら そりゃもう便利なことこの上ないわよね






バーミンガム ニューストリート駅6
そのショッピングセンターへと通じるエスカレーターに乗って最初に見えてくるのが









バーミンガム ニューストリート駅7
Loo~トイレ ここおさえておけば
(Waterlooの戦いとトイレは関係ありません 単に文字上のLooつながりです
はい スミマセン いつもの意味不明の癖が出てしまって・・・・・だからルー・トレール)






バーミンガム ニューストリート駅8
お買い物でもお食事でも はたまた撮影会でも? 何時間でも粘っていられるわよ!
うん まず最初はどこ行く?




        


関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。