Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

Shakespeare の学び舎

キングエドワードⅥ世高校1 
うわ~ 今日が最後の日だ・・・・・と先週の土曜日
シェイクスピア生誕450周年記念のパレードを見てから







キングエドワードⅥ世高校2 
シェイクスピアの学校を見学しました
ここは現在でもキング・エドワードⅥ世高校という学校で







キングエドワードⅥ世高校3 
入場料大人1人 2.50ポンドを払って入場 生徒さんがガイド役








キングエドワードⅥ世高校4 
いつも外からしか見たことないけど こんなふうになっていたのですね
ギルド(信仰的な団体)の集会所と呼ばれるフロアにステージがあり
ここで戯曲なども演じられたそうです






キングエドワードⅥ世高校5 
上のフロアに行ったらガイドのトムくんが ”これがジャコビアン・テーブルです”
とえらい強調して話してくれたけどジャコビアンて何?
ジェームズ1世の時代(1603年~1625年)に作られた建築とか芸術作品とか・・・・・なんですって






キングエドワードⅥ世高校6 
そしてガイドのトム君に ”Do you know Wars of the Roses?"  といきなり質問され
へっ? 何それ? バラの戦争・・・・・ああ 薔薇戦争 
”名前だけは聞いたことある” とヒキョーな答え
ジャコビアン・テーブルのある部屋が1553年に町議会の会議室になって
その頃に壁の上に薔薇の絵が描かれたのだそうです




キングエドワードⅥ世高校7 
この金色のプレートのある この辺りにシェイクスピアは座って勉強していた(らしい)
普段は公開されていない建物を見学できてなかなか面白かった

今日のキーワードは ジャコビアンと薔薇戦争
英国史 もっと勉強しなければなりませんね




キングエドワードⅥ世高校8 
トム君 どうもありがとう(ボケちゃってゴメン)





Please click the banners ↓ for the vote. Thanks for watching.
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

関連記事
-

Lady Godiva ゴダイヴァ夫人もお祝に


あら 食いしん坊さん こんにちは

 ゴダイヴァ夫人1 
こんにちは ゴダイヴァ夫人もバースデーケーキを食べに来たのですか?







いいえ わたしはお花を持って シェイクスピアさんの生誕450周年のお祝いに
ゴダイヴァ夫人2 







コベントリーから駆け付けたのよ
ゴダイヴァ夫人3 
2012年のロンドンオリンピックを盛り上げるための
アートプロジェクトの一環として作られたコベントリーのレジェンド ゴダイヴァ夫人の操り人形







ゴダイヴァ夫人 
コベントリーにある Lady Godiva~ゴダイヴァ夫人像
ゴダイヴァ夫人とは11世紀 コベントリーをおさめていた夫が住民に課していた高額な税金を
もっと軽くするよう求めたところ 夫から裸で馬に乗り町を歩けば願いを聞き入れると言われ
2人の兵士に付き添われ 裸で馬に乗り町を歩いた という伝説の持ち主だそうで
(でも本当にそうしたかどうかは・・・・・???Unlikelyなのだとか?)
それでもコベントリーのシンボル レジェンドになっている

わたしゃ GODIVA  と言ったらチョコレートしか知らなかったけれど
その名前とロゴははゴダイヴァ夫人だったのですね 



ゴダイヴァ夫人4 
さてさて人形のゴダイヴァ夫人 高さが6メートルもある!
その巨大人形を動かしているのがこちらの車






ゴダイヴァ夫人5 
手の動きは彼らがうしろから







ゴダイヴァ夫人6 
こうやって操っている







ゴダイヴァ夫人7 
時折雨が降る中 ストラットフォード・アポン・エイボンの町を1日中練り歩いて







ゴダイヴァ夫人8 
シェイクスピアの生家に戻って来た時には








ゴダイヴァ夫人9 
ゴダイヴァ夫人も お疲れの模様







ゴダイヴァ夫人10 
シェイクスピア生誕450周年のお祝いに行ったのに
ゴディヴァ夫人のことについて学びました~

ちなみに2枚の銅像の写真は ロンドンオリンピックで
コベントリーになでしこジャパンの試合を観に行く機会があったり
せっかくだから観光にも行こうと 何度か訪れる機会があったので
その時に撮影してあったものです






Please click the banners for the vote. Thanks for watching.
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

関連記事
-

Happy Birthday Dear William

 
大きな大きなバースデーケーキ! そして放たれた風船は450個








シェイクスピア生誕450周年記念ケーキ1 
おや 食いしん坊 またわたしの町へやって来たのかい








シェイクスピア生誕450周年記念ケーキ2 
はい だってあなたのバースデーケーキを








シェイクスピア生誕450周年記念ケーキ3 
分けてくださるというので








シェイクスピア生誕450周年記念ケーキ4 
いただきに参りました~





Please click the banners ↓ for the vote. Thanks for watching.
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
-

If You Make It, They Will Come って誰のセリフ?

 

登場生き物

Great Tit~シジュウカラ
Blue Tit~アオガラ
Bumble Bee~マルハナバチ

If You Build It, He Will Come  は Field Of Dreams(映画)

If You Make It, They Will come  は Box Of Dreams(そんなん聞いたことない)

私の作った巣箱にいろいろな生き物が出入りしている
最初は Great Tit ~シジュウカラ が巣材を運びこんでいて
そのあと Blue Tit~アオガラ がやってきて
それから Bumble Bee~マルハナバチ が出たり入ったり
この箱はいったい誰のもの?

でも If You Make It, They Will Come って一理あると思いませんか?
これが本当の Field Of Dream  ならぬ Box Of Dream 




Please click the banners ↓ for the vote. Thanks for watching.
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

関連記事
-

Heronry ガセネタではなかった

地元のフットパス1 
アオサギのやってくる池で写真を撮っていた時 犬と散歩をしていた人が 

”向こうに川がある その川の向こう側の道をずっと歩いて行くと森がある 
その森の中にアオサギの巣が6つくらいあるよ”

と 地元の人にしかわからないような会話ですが教えてくれました



地元のフットパス2 
よし 行ってみよう たぶん通ったことのある道で
方角的にはだいたいわかる






地元のフットパス3 
うわ~ またこの道だ・・・・・しかし
虎穴に入らずんば虎児を得ず






地元のフットパス6 
とりあえず行けるところまで・・・・・と思ったら私が想像していたあたりに行っても
それらしいものが見当たらない 今回はガセネタだったのか???






Heronry アオサギの営巣地1 
あきらめかけた時 あ゛~ あった~ あれか! 確かに6個
アオサギの集団営巣地のことを Heronry と言うそうです
毎年同じ巣を使うのですってね これは少ない方でしょうけど
私は初めて自分の目で見ることができたので すごく興奮しました!!!
多いものでは1本の木に数十個もの巣があるのだとか

この場所 手前が川 巣のある木の向こうに小さな池があります


Heronry アオサギの営巣地3 
距離的にはかなり離れているけど たぶん向こうも驚いたのか
上空を飛びまわって遠巻きに舞い降りてきました






Heronry アオサギの営巣地2 
これらの写真は4月上旬に撮影したものですが
たぶん今では木々の葉っぱがだんだんと生い茂ってきて
巣を見るのは難しくなってきていることでしょう





地元のフットパス4 
この日も泥んこだ~ しかし散歩中のおじさんの言っていたことはガセネタではなかった
写真を撮影していた森の中には 馬の足跡がありました
だからお馬さんと散歩のおじさんとワンちゃんと ごく少数の人くらいしか通らないのだと思います






地元のフットパス5 
公園に戻って町中を通って帰るのに 泥だらけの靴はちょっとハズカシイかな





Please click the banners ↓ for the vote.  Thanks for watching.
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。