Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

バタシー発電所からテムズパスへ

 バタシー発電所1 
ロンドン テムズ河南岸にあるバタシー発電所
日曜日の朝8時過ぎ やたらと目につくマラソンランナーの姿
土曜日の夜にチャリティー・ハーフマラソンが行われその参加者たちが家路についている
私も参加しま・・・・・・・せんでした~ がなぜかロンドンに出没したマネージャー




バタシー発電所2 
ちょうどこの発電所がスタート・フィニッシュ地点になっていたようです
この発電所のことはよく知らなかったのですが いろいろな音楽・フィルムシーンに登場したのだそうですね
再開発で住宅 オフィス ショッピングモール 公園 などの施設が建設されるそうですが
4本の煙突は取り壊され レプリカが作られるのだとか




バタシーパーク1 
バタシー発電所発電所から少し歩くとバタシーパークという公園がありました
朝はもう肌寒くて手足が冷えてしまったのでカフェに入り暖かいカプチーノとマフィンで朝食






バタシーパーク2 
やあ ハイイロリスくん おはよう 今日のブレックファーストはどんぐりですか?







バタシーパーク3 
公園を突っ切ってテムズ川に出ました 両岸にテムズパスというフットパスがあり
南側のコースにちょうど入ったところです






アルバート・ブリッジ ロンドン 
あそこに見えるのが アルバート・ブリッジですか?
パステルカラーできれいです 本当にロンドンにはいろいろな橋がかかっているんですね






Cormorant.jpg 
Cormorant ~鵜のなかま のウーさん おはよう
さあ これから橋を渡ってプチ・ウォーキング





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

関連記事
-

ゴジュウカラの ”どこでもFeet”

 ゴジュウカラ1 
右足~








ゴジュウカラ2 
左足








ゴジュウカラ3 
よっしゃ~






ゴジュウカラ4 
レンガの壁も








ゴジュウカラ5 
わたしのは おの物だよ





Thanks for watching.
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

関連記事
-

9月になってやって来た雛ちゃん ベニバラウソ

芝の手入れ 
9月 芝の手入れ追い込みの時期
この場所少し低くなっていて雨が降ると水がたまり芝がダメになってしまったので地ならしをして





芝の手入れ1 
Lawn Soil に芝の種を少し混ぜ芝の上にばらまいて修復作業をしていたら
どこからともなく聞き覚えのある雛ちゃんの声がする
もうすぐ10月というのに???



 ベニバラウソ 幼鳥1 
やっぱりいた Bullfinch~ベニバラウソ の雛ちゃんがお父さんBullfinch と一緒にいる
図鑑によればブリーディングシーズンは4月~9月とあるので確かにこの時期見てもおかしくはないのだが
うちのガーデンで あと何日かすると10月 っていう時期に雛ちゃんを見たのは初めてでした




りんご 
今年は春は寒かったけど夏は夏らしかったからうちのガーデン 鳥もりんごもチョウチョもみんな豊作だ~




Thanks for watching.
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
-

バーミンガムで夕日を眺める

 バーミンガム図書館19 
なにもないバーミンガムでも








バーミンガム図書館20 
煙たく見えるバーミンガムでも









バーミンガム図書館23 
夕日が沈む時間はやってきますゎ 今の時期はちょうどエッジバストン・レザボア方面に太陽が沈む



 



バーミンガム図書館21 
バーミンガム図書館の7階にあるシークレットガーデンでひとり・・・・・








バーミンガム図書館22 
と思いきや おいおい ここは新デートスポットかい??? 図書館だよ と・しょ・か・ん!
通じないな ラ・イ・ブ・ラ・リー









バーミンガム図書館 
平日は夜8時までオープンしているので通勤・通学の帰りにちょいと立ち寄ることができます









バーミンガム図書館24 
オープニングの混みようは一段落といったところでしょうか 
初めてこのエレベーターに乗りました 
最初は混んでいて4階あたりから階段で7階まで登らなければならなかった(ゼイゼイ)






Thanks for watching.
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
-

Decent Meal ~ ハイタカの痕跡

 garden 1 
Sparrowhawk~ハイタカ のおタカさん 今度は失敗はしなかったようです







garden 2 
先日の夕方 外出から戻ってきたらガーデンに羽根がどっさり おそらくCollared Dove~シラコバト のもの
でも付近におタカさんも獲物の気配もまったくありません






garden 4 
奥のガーデンに行ってみると水平に伸びた枝の下にも羽根が散らばっていました







バーミンガム図書館 
古いデータですがスウェーデンの Gustaf Rudebeck という鳥類学者が数年間にわたり
Sparrowhawk のハンティングの様子を観察 190回の攻撃のうち12%しか成功しなかったという
データ以外はあまり情報がないと その名も "Sparrowhawk" という本に書いてありました
バーミンガム図書館で借りてこようと思ったら これも館内閲覧のみ!

Web検索で出てきた数値は成功率は10-50% とか 10-12回に1回成功とか(どちらもイギリス国内の情報)

ハイタカと言えば芝刈りのおじさんからもこんな話を聞いたことがあります
あるお客さんのところで 高さが1m以上もあるバードフィーダーを使っている人がいて(うちのは30cmくらい)
家を背にしガーデンを眺めながらその人と話をしていた時 
2人の間を肩をかすめるように突然後ろからそのフィーダーに向かってハイタカが飛んで行ったんだそうです
屋根の上から一気に飛んできたみたいで ”その時が一番近くでハイタカを見た時だ” と自慢そうに話してくれました


garden 3 
とらえた獲物は Plucking Post  ~ 木の切り株 少し盛り上がった地面の上 丸太の上 
時にはこういった木の枝などでとらえた獲物の羽をむしり取るのだそうです

2年前にシラコバトをとらえた時も この同じ枝に運んできました
(ちなみにその時の記事は ⇒ こちら あるいは下記関連記事 ワイルドライフ ハイタカ です 
書いていることは同じような内容ですが興味のある方は覗いてみてください 
そちらではおタカさんもちゃんと写っています)


モリバト 
ところで図書館で読んだ本によれば メスのハイタカはWoodpigeon~モリバト ↑ もよく捕獲するそうですが
"・・・・・but they cannot lift them well, ・・・・・・・" って書いてあるんですよ~
そうでしょうね いくらメス(260g)がオス(150g)より大きいとは言え
450gもある(テレビじゃ500gって言ってたりしますよ)モリバトをつかんでうまく飛ぶことはできませんよね

それでつかまえたモリバトをどうするかというと "・・・・・only drag them for short distances along the ground."
そう 地面の上を引きずるしかない だから残した獲物をうまく隠すことができず
例えばガーデンだったらキツネなどに持っていかれてしまうのだそうです





















”何か言った?”


























Thanks for watching.
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。