Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
2

Oh, Beautiful Marshes!

 ボーマリス4 
お城の見学を終え そろそろ移動する時間になったのでパーキングへ向かいました
料金は1日で3ポンド





ボーマリス5 
でもこんなマークを見つけたので ちょっと歩いてみたくなった
ボーマリスはアングルシー島という島にあって 
その島を1周するハイキングトレールが この

Isle Of Anglesey Coastal Path
 
ウェブによると1周200km 全部歩くのに平均12日かかるんだとか

ボーマリス6 
石のゲートを通って






ボーマリス7 
丘の上までくると お城の全景や海が見渡せます
フランス人の建築者たちが "Beaux marais" 
英語に訳すと "Beautiful marshes"
と呼んていたことが由来らしいですが
石のお城が湿地の上に建っているなんてちょっと驚きました


ボーマリス8 
と写真を撮っていると 突然ワンちゃんが現れた






ボーマリス9 
そう もう夕方のお散歩の時間になってしまったのね
雨も止んでお天気回復してきました
海の上 陸との境目の一番右に小さく見えるのがパフィンアイランド




ボーマリス10 
あちらでは牛さんたちがのんびりと休んでいますよ
でもお城が完成していたら この町はもっと栄えて
街並みも違っていたのかもしれない・・・・・なんてふと考えてしまいました




ボーマリス11 
ボーマリスを後に最終目的地へと向かいます
途中にウェールズとアングルシー島を結ぶ
吊り橋が見えるビューポイントでストップ ここでも牛さんたちに遭遇
ボーマリス なんて風光明美な町なの!!!





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
海外生活ブログ イギリス情報


人気ブログランキングへ

関連記事
2

ちょっとニアミス 穴があったら入りたい

 ボーマリス城のニシコクマルガラス2 
サッと飛び去る黒い影   その正体は?






ボーマリス城のカモメ   

ボーマリス城のニシコクマルガラスとカモメ 

ボーマリス城のニシコクマルガラスとカモメ1  

ボーマリス城のニシコクマルガラスとカモメ2  

ボーマリス城のカモメ (2)  

ボーマリス城のカモメ (3)  
巣ごもりしているカモメさんとちょっとニアミス






ボーマリス城のニシコクマルガラス 
はいはい そちらがあなたの巣穴






ボーマリス城のニシコクマルガラス3 
Jackdaw~ニシコクマルガラス






ボーマリス城のニシコクマルガラス1 
ストーンヘンジでも巣を作ってるJackdawを見たけど ボーマリス城でもいました~!
やっぱり穴があったら入りたいのよね  君たちは世界遺産ハンターなの?

Beaumaris Castle

The most technically perfect castle in Britain ・・・・・
(ウェールズのホームページより)
イギリスでもっとも建築技術にすぐれているお城

1295年に建設が始まってから35年で財政難により
未完成となってしまった それはとても残念だったですね
世界遺産に登録されたのは1986年のことだそうです

















すいません・・・・・

















ニシコクマルガラス Jackdaw Corvidae and Team Garden Birds 
この煙突も世界遺産に登録申請してもらえますか?






にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
写真ブログ 野鳥写真

人気ブログランキングへ

関連記事
4

城の主

 ボーマリス城1
ウェールズの旅 パフィンアイランド・クルーズの後 
Beaumaris Castle ~ ボーマリス城に行きました





ボーマリス城2   
小さな町のこじんまりしたお城 ここが世界遺産に登録されていたということは後で知りました





ボーマリス城7 
このお城を建てたのはエドワード1世というイングランドの王様だそうです(在位1272年~1307年)





ボーマリス城3 
王には最初の王妃との間に16人 2番目の王妃との間に3人 計19人もの子女がいたのですって!



 

ボーマリス城5 
城壁に登ってあたりを見渡せば




 
ボーマリス城6 
あちらにも こちらにも 現在の城のあるじさんたちが





ボーマリス城4 
王に続けと子作りに励んだり




 
ボーマリス城8 
巣ごもりをしていました

カモメさんたち ロンドンや地元の公園で見るよりとてもサイズが大きいです
数種類いるようですがわたしにははっきりと区別がつきません

クチバシに赤い色がついているので

Yellow-legged Gull
Herring  Gull
Great Black-backed Gull
Lesser Black-backed Gull

のいずれかでしょうか 







世界遺産だったら・・・・・他にもいるんでないの?
 





 いるかもしれない ポチっとよろしく
 ブログランキング・にほんブログ村へ

 にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

関連記事
0

ふしぎな木 / カナダグース

 ふしぎな木1 
森の中にある 何の変哲もない木






ふしぎな木2 
反対側にまわると・・・・・なんじゃこりゃ~!






ふしぎな木3 
まるで中身をくり抜かれたような それでもこの木は生きている







☆       ~       ☆       ~       ☆       ~       ☆       ~       ☆








カナダグース1 
昨日の記事のカナダグース御一行を発見





カナダグース2 
このグループ 3羽のカナダグースと1羽のガチョウがいつも一緒にいる





カナダグース3 
雛ちゃんは3羽しかいなかった 
昨日の記事の写真と今日の写真の間には5日間の開きがある
その間に5羽から3羽に減ってしまったのだ

通りかかったご婦人も ”何羽いるかしら?” と尋ねたので 
3羽しかいないと言ったら ”この前は5羽いたのに” 
私と同じようにチェックしている方もいましたよ





ホントにふしぎな木だ ポチっとよろしく
ブログランキング・にほんブログ村へ
写真ブログ 野鳥写真


人気ブログランキングへ

関連記事
-

カナダグース

 カナダグース1




カナダグース2 



カナダグース3 



カナダグース4 



カナダグース5 



カナダグース6 
Canada Goose~カナダガン  
地元の公園にて

雛ちゃんが5羽ということは 平均的な数のようです
たまごから孵ってから 数日? 何日か? くらいしか経っていないような

*バンクホリデー週末 コメント欄閉じさせていただきます





ブログランキング・にほんブログ村へ
写真ブログ 野鳥写真


人気ブログランキングへ

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。