Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
0

ハシボソガラス お昼寝タイム/ゴミを減らそう

Carrion Crow Chicks Taking a Nap



carrion crow ハシボソガラス 7


朝の4時過ぎから夜中の2時ころまで電車が行き交う線路の上。 カラスにはこういう音って騒音に聞こえるのでしょうか? 私が観察していた時、親ガラスが巣から逃げ出したことがあります。 それは休日の早朝、駅の近くのスナックから出てきた女の人が酔いが覚めておらず、一緒にいた男の人に向かって大声でわめいていた時です。 かなり甲高い声が響いていたのでカラスを追い出す効果があったのか、相当いやな声に聞こえたのか?

東京都は今年は都内のカラスのねぐらでの巣の撤去を始めるそうですが、代々木公園などではかなり高い木の上に巣があったような記憶があるのでそれを撤去するとなると大変な作業だと思います。

ハシボソガラスの雛がスヤスヤと眠っているこの巣は制作途中で2度撤去されたため、このような寄せ集めの巣になってしまいましたが、その後は雛が巣立つまで撤去されませんでした。

撮影地:日本 過去のポジからのスキャンです。



ところで



ゴミを減らそう 

先週の月曜日のゴミの収集のあと、黒いゴミ箱にこのようなシールが貼られていました。 黒いゴミ箱にはリサイクルできないものだけを入れろと。 そして入りきらない分は横に置いてあっても持って行かない、ゴミ箱の蓋はきちんと閉じて、 リサイクルできるものはリサイクルボックスに入れるようにと。 ルールを守らない人がいたのかな?



みんなでゴミを減らしましょう 






ランキングに参加しています。

 
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Please click and applause.
Thank you for watching.

関連記事
2

リス坊の遠い遠いふるさとの仲間たち

Squirrels of America



今日はリス坊に遠い遠いふるさとの仲間を紹介したいと思います。


君の祖先はアメリカという国からやって来たんだよ。



アメリカ?


grey squiirel ハイイロリス 1 

Grey Squirrel ~ ハイイロリス (体長:43~50cm・しっぽの長さ:20~24cm含む 体重:400~710g)

イギリスに生息するハイイロリスは1876年~1929年頃にかけて北アメリカから持ちこまれたそうです。 アメリカでの生息域は5大湖から南側のちょうど大陸右半分くらいといったところでしょうか。 

イギリスではあまりにも増えすぎて在来種のRed Squuirrel(アカリス)を脅かしているという、よくある話ですが、1920年頃にはスコットランドの北部を除いてほぼ全域に生息していたアカリスは、イングランドでは1部を除いてほとんど見られず、スコットランドでの生息域も減少しつつあるという現状。ハイイロリスはイングランドをほぼ制覇し、北にも進出しているのです。 他にも特定の種類の木の皮をはいでしまったり、ガーデンバードの巣を襲ったりと害獣としてのレッテルをベタンと貼られてしまいました。 そんな中、リスを駆除してその肉をパイにして提供するレストランもあるとか。 鶏肉のような感じでヘルシーなんだそうです。 アメリカから連れて来られ、今度は増えすぎたからパイにされ、 リス坊の生涯も波乱万丈ですね。 でもここのガーデンにやってくるリスたちはパイにされることはないと信じています。




イギリスのハイイロリスは大変だね。

golden-mantled ground squirrel キンイロジリス 1
 
Golden-mantled Ground Squirrel キンイロジリス マウントレーニエ国立公園 /  ワシントン州  アメリカ合衆国




よくここまで来れたね。 途中蚊が大変だったでしょ。
golden-mantled ground squirrel キンイロジリス 2 
レーニエ山をバックにポーズをとってくれたキンイロジリス。




パイにされて食べられちゃうの? ぼくはおいしくないよ。
columbian ground squirrel コロンビアジリス 3 
Columbian Ground Squirrel コロンビアジリス グレーシャー国立公園 / モンタナ州 アメリカ合衆国





columbian ground squirrel コロンビアジリス 1 
Yellow Fawn Lily ~ キバナカタクリを食べるコロンビアジリス




どうだい、 リス坊君もアメリカに来てみるかい?

ここにはフィーダーなんてないけど

びっくりするような大自然がた~くさんあるよ!

columbian ground squirrel コロンビアジリス 2 
1枚目のリス坊以外は過去のポジからのスキャンです。




ランキングに参加しています。
 
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
Please click and applause.
Thank you for watching.

関連記事
4

風に吹かれて

Blowin' in the Wind


blowin in the wind jackdaw 

How many twigs must a jackdaw bring
Before he finishes his nest?






blowin in the wind robin 

Yes, 'n how many hours must a Robin sing
Before he sleeps in the dark?






blowin in the wind blackbird 

Yes, 'n how many eggs must a Blackbird be stolen
Before the season is over






blowin in the wind jay 1 

The answer, my friend,
 




blowin in the wind woodpigeon 

Is blowin' in the Wind





blowin in the wind jay 2 

The answer is blowin' in the wind


登場生き物:Jackdaw(ニシコクマルガラス) 1枚目
        Robin(ヨーロッパコマドリ) 2枚目
        Blackbird(クロウタドリ) 3枚目
        Jay(カケス) 4、6枚目
        Woodpigeon(モリバト) 5枚目

訳 & 解説:
どれだけの枝を運んだら Jackdaw の巣は完成するのだろう
Robin は暗闇で寝るまでに何時間歌うのだろう
そして Blackbird はシーズンが終わる前に何個卵を盗られるのだろう
その答えは風に吹かれている
風の中にある

歌詞はボブ・ディランの ”風に吹かれて” の替え歌です。
鳥の羽が風に吹き上げられる時はけっこう強い風の日。
どんなに風に吹かれても、雨に打たれても、どんなことがあっても
鳥たちはガーデンに存在し、それぞれのシーズンを思い切り過ごしています。
そこがみんなの居場所なのですから。
 



ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Please click and applause.
Thank you for watching.

関連記事
2

イギリス 順番はQueue(列)に並んで

Queue This Way




blue tit  bullfinch 3
 

イギリス人が1番ムカつくのは





blue tit  bullfinch 2 

列を乱されること





blue tit  bullfinch 5 

うわ~、怖いおっちゃんが並んでしもた

でも今日はこっちが先やから

待っててもらわんと





blue tit  bullfinch 6 

顔を合わせたらあかん






blue tit  bullfinch 4

目を見てもあかん

おっちゃん、 終わったで






blue tit  bullfinch 1 

おっちゃん、 はよせんか!



登場生き物:Blue Tit アオガラ & Bullfinch ベニバラウソ(オス)

Queue という言葉、 初めて見たのは高校の教科書で。 辮髪と訳され、 何やら難しい文章だったと思いますが、その音の響きが面白いので印象に残っていました。 そんな言葉使ったことがなかったのにン十年経ってまさか日常的に使うようになるとは・・・・・。 お店のレジの前や列ができる場所に行くと、 Que This  Way とこちらから列に並ぶようにと書かれたパネルを目にします。 特にスーパーのレジが混雑している時、 

日本だったら絶対誰かイライラして文句を言う

のに、イギリス人は何も言わないでじっと待っているんです。 そしてレジでおしゃべり始まると長いわ、商品トラブル発生すると係りの人呼んで処理してそれが延々続くわ、いつまでたっても自分の番が来ません。 

商品を袋に詰めるときも日本だったら、自分がもたもたしているとプレッシャーになるけどイギリスでは私から見れば全然のんびりしているように見えます。  日本のあの1分1秒を争うような殺気だった雰囲気は何なのか? 

おかげでせっかちでなくなりました(今のところ)。 競争心がなくなったのかな?    




ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
Please click and applause.
Thank you for watching.

関連記事
5

誰が1番暑そうか?

On a Hot Day at the Bird Bath



great spotted woodpecker アカゲラ 
Great Spotted Woodpecker アカゲラ 7:40





green finch アオカワラヒワ 
Green Finch アオカワラヒワ 17:34






coal tit ヒガラ 
Coal Tit ヒガラ 18:37






great tit シジュウカラ 1 
Great Tit シジュウカラ 18:45






jackdaw ニシコクマルガラス 1 
Jackdaw ニシコクマルガラス 19:10

先週末から昨日まで大変お天気に恵まれ気温もぐんぐん上昇。 タウンセンターへ買い物に行く途中には上半身裸で歩く男の人や、そんな暑い中でもジョギングをする人など皆それぞれデータイムを楽しんでいるようです。 日の出:4時58分、日の入:21時10分、 これだけ太陽が出ていて明るいのですから時間の割振りをうまくして、効率よく過ごさないともったいない気がしませんか?

生き物が1番活動的なのが早朝と夕方。 昼間はどこで何をしているんだろうと思うくらい、シーンとして何の気配も感じられない時間帯があります。 そんな時は鳥の行動を考え、撮影も早朝と夕方の何時から何時まで、と決めてかかった方が得策。 最高気温が高い日に狙いを定めます。 

朝のうちは涼しいですが、アカゲラはこのところ毎朝 ”ケッ ケッ” と1拍子で鳴きながらだんだん近づいてくるので心の準備ができます。 カメラを構えてじっとしていると ”やったー!” 下りてきました。 シャッター音は気にしない。



~  ○  ~  ○  ~  ○  ~  ○  ~  ○  ~



夕方5時半頃に最高気温を記録。 この日は27度ありました。 6時過ぎるといろいろな鳥が一斉に訪れる時間帯ですがバードバスにはもう陽があたりません。 19時30分で撮影終了。 滑り込みでDunnockが来たのでパチリ。 


今日は暑いっすよ~!


dunnock ヨーロッパカヤクグリ 1 
Dunnock ヨーロッパカヤクグリ 19:29






ランキングに参加しています。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村
Please click and applause.
Thank you for watching.

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。