Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

初氷

ユリカモメ1
2016年1月1日 
                                                        

                                                         

                                                             


                                                         

                                                          
ユリカモメ2
Black-heded Gull~ユリカモメ 地元の公園にて










ユリカモメ3
そ~っと そ~っと










ユリカモメ4
そ~っとね










ユリカモメ6  
気をつけて
 




  

-

Lord Of The Worm Dance~Delicious Games













presented by


















Seagull Herringley


"Foot-paddling"    "Rain Dance"    "Worm Dance"  などと呼ばれているカモメのダンス 
地中のミミズを 足をたたくことによって起こる振動で
地表におびき寄せ 出てきたところをパクッ パクッ

芝生の上での場合はそのステップの音が雨音に聞こえ
それで "Rain Dance" と言うらしいですね

動画は嫌いというかたも そうですね ボリュームをレベル1くらいにして
ぜひ音楽を聞きながら見ていただけないでしょうか!!!

なにしろわたし カモメさんのこのようなダンスを見たのは初めてなんですもの!
見たことある方にとっては珍しくないことでしょうけど しばらく興奮冷めやらずでしたわ
この意味不明ブログの性質として 私がホイホイ飛びつきそうなネタだということが
おわかりになるでしょう

Herring Gull 
Lord Of The Dance を日本で2回 イギリスで1回
River Dance を日本で2回見たことのあるマネージャーとしては
どうしてもこんなタイトルをつけてみたかったのですよね~

どうです? きっとあなたも踊りたくなるわよ~

*ブログの更新を1週間ほどお休みします
本日もご訪問くださいまして ありがとうございました



ブログランキング・にほんブログ村へ      にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

-

Urban Gulls Birmingham そして誰もいないRooftop

ニシセグロカモメ 34 0807 
8月上旬 バーミンガムの屋上で繁殖しているカモメたちも






ニシセグロカモメ 35 0807 
残り少なくなりました






ニシセグロカモメ 36 0807 
たまごすり替えや雛連れ去りを逃れた親子の姿






ニシセグロカモメ 37 0807 
親鳥の後をついてまわる雛ちゃん






ニシセグロカモメ 38 0807 
まだまだ甘えん坊かいな






ニシセグロカモメ 39 0807 
7月は暖かかったけど8月は夜の気温が1桁台を記録するなど寒い日が続いたイギリス






ニシセグロカモメ 40 0820 
8月下旬に残っていた幼鳥 これを最後に






バーミンガム1 
バーミンガムの屋根の上から カモメはいなくなりました ここは






バーミンガム2 
シンフォニーホールの隣のICCの屋上






バーミンガム3 
バーミンガム図書館の7階にあるシークレットガーデンからひそかに撮影していました 
だからここで見ていたことは・・・・・このブログを見た人だけの秘密ね




Please click the banners ↓ for the vote. Thanks for watching.
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

-

Urban Gulls Birmingham 孵らないたまご

ニシセグロカモメ 26 
こちらのLesser Black-backed Gull を撮影したのは5月下旬






ニシセグロカモメ 27 
この時点でかれこれ2カ月経過していたが






ニシセグロカモメ 33 0807 
8月上旬にはついに放棄






ニシセグロカモメ 28 
こちらのカモメも1カ月半ほどいたでしょうか






セグロカモメ 1 
他にもたまごが孵らないままの巣がいくつか見られます






ニシセグロカモメ 32 0629 
この時点でどれくらい座っていたかわかりませんが6月下旬に撮影したカモメ






ニシセグロカモメ 29 0807 
最後に見たのは8月上旬






ニシセグロカモメ 30 0820 
そして8月下旬しさしかかったころ






ニシセグロカモメ 31 0820 
たまごの上には座っていませんでした

バーミンガムの建物の屋上で営巣しているカモメたち
通常ですと抱卵期間は28日~30日なのにここのかもめさんたちは
ずい分長いこと座り続けていたな~

やはり都会の真ん中では害鳥として扱われてしまう鳥たち
数年前からジュエリー・クウォーター地区ではカモメのたまごを
偽物とすり替えるという方法が試されているようです

他にもたまごを特殊なオイルでコーティングしてしまって
中味が育たないようにしてしまうとか そういった方法もあるようですが
当然そうした処置はライセンスを持った業者しかできません

町なかでは銃で撃ち落とすわけにもいかないだろうし
巣やたまごを撤去してもブリーディングシーズン中なら また巣を作って
新しいたまごを産んでしまうのであまり効果的ではないし

この屋上のたまごにそうした処置が施されたかどうかは現場を見ていないので
私にはわかりませんが たくさん巣があった割には孵った雛の数は少なかったなという
印象はありました 実際に雛がつかまえられて袋に詰め込まれるのは
前記事でも書いた通り目撃しましたから そうした関係者が出入りしていたことは事実です




Please click the banners ↓ for the vote. Thanks for watching.
にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

-

Urban Gulls Birmingham 消えた雛

ニシセグロカモメ 18 
バーミンガムの建物の屋上で営巣しているカモメたちが鳴きながら一斉に飛び立ってるのは






20140707-DSC01395.jpg 
大抵そこに人が立ち入って来た時 雨も降っていないのに傘をさしていたり







ニシセグロカモメ 25 
袋を持って歩いていたり メンテナンスのために荷物を運んだりといろいろな人がやって来ますが






ニシセグロカモメ 20 
ここで2番目に見つけた雛ちゃんは







ニシセグロカモメ 19 
この黄色いべストを着た人たちに取り押さえられ 袋の中にそのまま入れられてしまいました
標識を付けるために持ち去ったのでしょうか???






ニシセグロカモメ 21 
一番最初に見つけた雛たちは すでに飛べるようになっていたので
人がいなくなったら降りてきました






ニシセグロカモメ 22 
一時避難していた親鳥たちも







ニシセグロカモメ 23 
人間がいなくなったら巣へ戻って来て







ニシセグロカモメ 24 
抱卵開始(7月撮影)




Please click the banners ↓ for the vote. Thanks for watching.
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。