Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

最大級のカラス科 ガーデンに出没か???

 ワタリガラス Common Raven Corvus corax Corvidae and Team Garden Birds 1







ワタリガラス Common Raven Corvus corax Corvidae and Team Garden Birds 4  







ワタリガラス Common Raven Corvus corax Corvidae and Team Garden Birds 3 

Common Raven ~ ワタリガラス
体長:54~67cm 
体重:0.8~1.5kg
ウィングスパン:1.2~1.5m
平均寿命:10~15年
ガーデンバード図鑑に載っていないのでRSPB(王立鳥類保護協会)のデータを参照しました
wikiでは野生の状態では21年とも記されています

外見だけではCarrion Crow~ハシボソガラス とほとんど見わけがつかないでしょうが
大きさ クチバシのサイズ のどのあたりのもじゃもじゃの羽などが目立ちます
そして鳴き声のトーンも いつも聞いているCarrion Crowと違っていました

生息地はイギリスを縦に分けて細長く西部というか地図上の左半分を中心とした地域で
この辺りにはワタリガラスはいないものと思っていました
RSPB の生息域の地図で見るとちょうど私の住んでいるあたりは抜けているのですが
うちは中部だからギリギリ境目に近いので西の方から進出してきたのか? 
あるいはこれはトーンの高い声で鳴くCarrion Crow~ハシボソガラスか?




Ravenの声は過去に聞いたことがあります
体の大きさはカラス科の中では最大級なのに
声は何と言うかトーンが高くて迫力に少し欠ける気がするんですけど

お時間のある方は上と下 聴き比べてみてください
また画面には映っていませんがこの時Magpieからモビング受けているんです



Carrion Crow~ハシボソガラスの鳴き声はこちら
私がRavenではないかと推測する最初の動画の声と比べると重低音が響くって感じかしら?
*ただし映っているのはロビンちゃんですよ
ロビンちゃんを撮影していたら カラスの声が入っちゃったってワケ




 
ロンドン塔のワタリガラス2 

ちなみにロンドン塔に行けば守護神として大切に飼育されている
Ravenを見ることができます
以前見学に行った時に撮影したものが上と下の写真






 P1030232.jpg 

これは間違いなくRavenですね






Raven Wenlock 1 

また去年のロンドンオリンピックでロンドン塔前の広場に登場した
その名も ”Raven Wenlock"





Raven Wenlock 2 

このデザインでは金色になるほかなかったのでしょうが
個人的には黒であってほしかった





P.S.  2010年2月23日の記事でカラス科6種類のクチバシを比較できる画像がでていますので
興味のある方はこちらをクリックしてご覧になってみてください
        ↓
 ”カラス科 くちばし対決・・・のつもり”







Please click for the vote. Thank you for watching.
ブログランキング・にほんブログ村へ

0

ワタリガラス Ⅰ

Common Raven Corvus corax

ワタリガラス Common Raven Corvidae and Team Garden Birds 2 

ライオンのような








ワタリガラス Common Raven Corvidae and Team Garden Birds 1 

まん中分けのような








ワタリガラス Common Raven Corvidae and Team Garden Birds 3 


Common Ravenワタリガラス (体長:53~69cm)

*ここでいう体長とはクチバシの先から尾羽の先までの長さ
*アメリカで撮影したものなのでアメリカのフィールドガイドを参照しています


残念ながらここのガーデンでは見ることができません

イギリスの北部・西部では見られるようです

あとロンドン塔でもね


これらの写真は大昔アメリカのイエローストーン国立公園でフィルム撮影した時のもの

上の3枚はビジターセンターの駐車場で観光客待ちをするRaven

おそらく食べ物をもらう習慣ができてしまったものと思われます

一番びっくりしたのは ゴミ箱のフタのそばで

まるで開けてくれと言わんばかりに待ちかまえているRavenを見た時

これじゃあまるで東京のカラスと同じじゃありませんか!

しかしながら この撮影をしてからだいぶ時が過ぎておりますので

現在はどのようになっているか 見てみたいものです


雪の中のRaven

ワタリガラス Common Raven Corvidae and Team Garden Birds


ランキングに参加しています
人気ブログランキングへ にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
Please click for the vote. Thank you for visitting.

このカテゴリーに該当する記事はありません。