Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

ティット モリバトに質問

クラブアップル5
こんにちはモリバトさん 











クラブアップル6
何を食べているのですか?










クラブアップル7
○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○(°_°)((((;゚Д゚)))))))(*´~`*)
おっと失礼 これはクラブアップルっていうんだよ









クラブアップル1
ティットくんも食べてみたら でも君には丸のみするにはちょっと大きすぎるかな?











クラブアップル2
一番ちっこいリンゴの仲間だよ










クラブアップル3
横に切ってごらん 種の入っている部屋がちゃんと5つあるだろう










クラブアップル4
ほんとうだ マネージャーが食べたてみたら酸っぱいって
そうかモリバトさん りんごの中では一番ちっこいけれど
それでもぼくの頭より大きなリンゴを丸のみしていて
アゴがはずれそうに見えたんだね すごいな
果実もいいけど ぼくにとっては種も魅力的!







     

-

アゴがはずれそうなモリバト

モリバト1a

                                                                                                                                                                                                                
                                                                                                                                                                                                              











モリバト2b

                                                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                                               











モリバト3c

                                                                                                                                                                                                               
                                                                                                                                                                                                          











モリバト4d


                                                                                                                                                                                                              




       

-

巣作りがんばるモリバト

モリバト
この前の日曜日 ネイチャーリザーブに早朝撮影に出かける途中
隣接する公園で最初に撮影したのが Woodpigeon~モリバト
この時はただ朝の空気感を撮りたかっただけなのだけれど
ここにモリバトがいたのは意味があったのだと後々わかった






モリバト9 
撮影を終えて戻るとき フットパスを歩いていたら
目の前をモリバトが横切って茂みの中に入っていった
近づいてみると木の枝をくわえている 







モリバト10

ボキッ かなり長い時間もがいていたけれど枝が折れる音がした
今まで地面に落ちている枝をくわえていくのは見たことあるけれど
生えている木をクチバシで折っているのって初めて見たような・・・・・
カラス科が枝を折るのはよく見たけれどね
さすが450g けっこうクチバシの力があるんだ



モリバト11
飛び立ってからはけっこうスピード速い









モリバト12

が ウィングスパン78cmの鳥が
こういう葉っぱだらけの中に突っ込んで
枝をよけながら巣を作っている場所にたどり着くにはけっこう時間がかかる






ネイチャーリザーブ1
森の中ではすでにキノコが生えてきて









ネイチャーリザーブ2
原っぱではヒマラヤバルサムが種をつけ始めている
この種 ホウセンカみたいに触るとはじけて飛ぶヤツ








ネイチャーリザーブ3
オレンジ色のバルサム? 初めて見た Orange Balsam( Impatiens capensis)
どちらのバルサムもイギリスネイティブ種ではないらしい




にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

-

まだまだ繁殖のピーク

コブハクチョウ
地元公園のコブハクチョウ 今シーズも繁殖は失敗
孵らないたまごを3か月以上もあたため続け
やっとメスがそれを放棄し つがい水入らずで過ごし始めたころ(7月下旬)








モリバト1
コブハクチョウの巣からちょうど対岸で巣ごもりをしている鳥がいました










モリバト2
ほら あそこ










モリバト3
Woodpigeon~モリバトです










モリバト4
図鑑にはブリーディングシーズンは3月~10月と書かれていますが
ほぼ1年じゅう(何月でも)繁殖記録があるそうです









モリバト5
木々の葉が生い茂り(450gの巨体が葉っぱで隠れるようになる) 作物が実るこれからの時期











モリバト6
ピークを迎えるそうです











モリバト7
その巨体の前に濃いグレーの雛ちゃんらしき影が見え隠れしていたのですが











モリバト8
ストラットフォードアポンエイボンに通っているうちにいなくなっちゃいました











モリバト   
あ゛~ 450gが飛んでいる! ってあたりまえだよ 鳥だから




にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

-

モリバトの母性本能


モリバト1 
Woodpigeon~モリバト
450g Eat  Big・・・・・下記関連記事のタイトルを見れば 
いわゆる大きいということを連想させる そんな言葉ばかり並んでいる
しかし体重450gを維持するためにはそれなりに食べ続けなければならないモリバト




モリバト 
イギリス BBCの番組で  Springwatch / Autumnwatch 
というのがあります 私もイギリスに来た最初の年からひそかに見ていました
(プッ ”ひそかに” は余計だべ ワイルドライフ系ブログやってるクセしてな~)

イギリスにお住まいの方の中にはご覧になったことがある方もいらっしゃるのでは?



モリバト3 
春のバージョンが Springwatch 秋のバージョンが Autumnwatch
今シーズンの秋の番組で大変心打たれるモリバトのビデオクリップを見ました




それがこちらのサイトにあります


これはイギリスで Hobby と呼ばれている鳥(チゴハヤブサ)の巣を撮影中に起こったできごと
親鳥が巣を離れている最中にモリバトがやってきてHobby の雛のそばを離れない
そして親鳥が戻ってきたら追い払おうとするのです 猛禽類とハト 食うものと食われるものの関係
モリバトの方が体もやや大きく体重もHobbyの2倍ほど 一度は親鳥を追い払ったものの
最終的にモリバトは巣から追い出されてしまうのです

研究者によれば 何らかの理由で雛を亡くしたばかりのモリバトが
子育てモードが抜けきれず 雛を育てようとしていたのではないか との事ですが
いくら自然の摂理とはいえね~ さすがにこの時は巣の上でモリバトがHobbyに
食べられちゃわなくてよかったって思いましたよ




20141220-DSC00246.jpg 






にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。