Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
10

今度はガーデンにヘッジホッグ

Hedgehog Erinaceus europaeus
ハリネズミ


ヘッジホッグ2  

みなさん 初めまして



とういことで初めてやってきた仲間です
 
なでてみた~い けどそんなことしたら

ブスっとやられそう!



ヘッジホッグ ここにはいないものと思っていました

今までに一度だけ 昼間 うちのガーデンからお隣のガーデンへ

通りぬけて行くところを目撃 それ以来一度も・・・・・

もっとも夜行性ということなのでチャンスは少ないのですが

昨夜の夜11時ころキッチンのドアのすぐ前にいました

どうしてそんなところに現れたかというと

おそらく・・・・・この鳥がやったことが原因ではないかと






何て言うか人間目線で言うと ”もったいない! 何でそんなことするの?”







シジュウカラ Great Tit Corvidae and Team Garden Birds 

ピーナツみい~っけ!


ミックスのエサしかなかったのでそれをフィーダーに入れたら

まあ バッサバッサと落とすわ 

本当に You, Picky! (えり好みをする)





ヘッジホッグ1   


シジュウカラによって落とされたエサを掃除しないでそのままにしておいたら

ヘッジホッグが食べに現れたということです

家の中からドア越しに50cmくらいのところで撮影しても

ちっとも逃げないのに 私が外に出たら

あっという間に茂みに隠れてしまいました

まあ そんなものです


イギリスのヘッジホッグ 10月頃から冬眠 3月頃に

活動しはじめるそうですが 生息数は減少傾向にあるとのこと

ミミズやカタツムリ ナメクジなども食べてくれるので
 
ガーデナーにとってはヘッジホッグさまさまなのです

私の住んでいる地域 この春本当に雨が少なく乾燥していて

そういった事もあってヌルヌルした生き物がなかなか増えないから

家のキッチンのまん前にもエサを求めてやって来てしまったのか?

と素人考えに思っていましたが詳しいことはわかりません



ヘッジホッグ3   


ヘッジホッグのヒストリーについてBBCの番組からのクリップを拝借

どうしてガーデンにやって来るようになったかよくわかりました




↓英語ですが興味のある方はどうぞ


 




人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
Please click and applause. Thank you for watching.

6

夜行性のはずが ~ 小さな訪問者2

Active in Daylight ~ Wood Mouse



小さな訪問者6 







小さな訪問者7 







小さな訪問者8 







cat 17 








小さな訪問者9 


Wood Mouse ~ モリネズミ (体長:15~22cm)

9月になってから久しぶりにフィーダーをガーデンに出したら、 何と夜行性のネズミが真昼間から堂々とエサを食べにやって来ました。 ずっとHouse Mouse か Wood Mouse かわからなかったのですが、 可能性としてはWood Mouseの方が高いようです。 今回撮影していて気がついたのは目が異様に飛び出していること。 House Mouse に比べ、色が茶色っぽい、 耳と目が大きいなどの特徴はいろいろな図鑑に書いてありましたが、 それだけではあまり区別がつきませんでした。 

しかし、 あるサイトで目が大きいと言うところに、”飛び出て” 大きいと書いてあり、ガーデンではHouse MouseよりもWood Mouseに遭遇する確率の方が高いとか。

そして9月になって見かける回数が増えたのが、 4枚目の写真のネコ。 最近はこのネコが頻繁にガーデンを横切ります。 小鳥やネズミはこういったネコにも常に注意を払いながらガーデンを動き回っているのです。

しかし、 この鳥からは逃れられないでしょう。


Birds Eat Free!


久々にご馳走がやってきたよ!(この意味を知りたい方は こちらの記事をご覧ください。過去に見たことのある方は、”あ~、 またあれね!” とマネージャーを嘲笑してください。)


小さな訪問者10





ランキングに参加しています。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
Please click and applause.
Thank you for watching.

4

小さな訪問者

Stuart



小さな訪問者2 


名前はスチュアート。 一目みてその名前しか思い浮かびませんでした。 House Mouse なのか Wood Mouse なのかわかりませんが、図鑑で見るとWood Mouseに近いようにも見えます。 これは初めてイギリスに来た年に撮影したのものですが、 バードフィーターのピーナツを食べに来ていました。








小さな訪問者3 


夜行性で、薄暗くなってから庭をさっと横切り物影に隠れながらここまでたどり着くようです。 数日後には彼女まで連れてきて、そのうち子供まで増えていたらどうしようかと・・・・・









小さな訪問者4 


いつも夜10時ころになるとフィーダーに出没。 どうりでこの頃ピーナツの減りが早いと思っていたのです。 上の針金の部分から下りてきたようです。 食べている時は近づいてもちっとも逃げませんでした。


このフィーダーは現在は使っておらず、こうしたネズミの姿を見ることはありませんが、先日夕方6時ころにある場所で鳥が来るのを待っていたら、背後でカサカサっと音がして、ごちゃごちゃした枝の方をよく見ると、ちっちゃなネズミを発見。 建物からかなり遠いところだったのでやはりWood Mouseなのかもしれません。 




小さな訪問者5 






ランキングに参加しています。
 
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村
Please click and applause.
Thank you for watching.

このカテゴリーに該当する記事はありません。