Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

さよなら 夏の妖精

ホーリートリニティー教会
ストラットフォードアポンエイボンのホーリートリニティー教会







アオガラ
静かなチャーチヤードが突然にぎやかに アオガラや








ズアオアトリ
ズアオアトリ








ゴジュウカラ
ゴジュウカラなどの混群がやってきました
(ほかにもシジュウカラ キクイタダキ ヒガラ チフチャフなど
ある時間になると突然押し寄せてきて平均15分~30分っくらい 
一斉に飛び回りながら採餌する 地上採餌組のクロウタドリ 
ヨーロッパコマドリ ヨーロッパカヤクグリも
つられて出てきたリする そしてまた 一斉にいなくなる)



ムナフヒタキ3
その中に あっ いました








ムナフヒタキ4
Spotted Flycatcher~ムナフヒタキ








ムナフヒタキ2
この夏出会った妖精 撮影したのは8月下旬でしたがまだいました








ムナフヒタキ5
秋の渡りは2回山があって 最初は8月中旬 2度目が9月中旬なのだそうです








ムナフヒタキ1
このとき以降は何度通っても見つからない
(そのおかげで 今まで知らなかったストラットフォードアポンエイボンの
魅力をいろいろ発見することができたのですけれどね)






ムナフヒタキ6
私にとっては たぶんこの日がお別れだった
今はもう9月下旬 赤道を越える太陽とともに
ほとんどが越冬地のアフリカへ向けて旅立っている頃でしょう

色が地味なので あまり注目されていない鳥らしいですが
ここ ホーリートリニティー教会のチャーチヤードでこの夏出会って
そのユニークな採餌スタイル を近くで観察することができました






にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ   にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


-

ホーリートリニティー教会のチャーチヤードで出会った生き物

ストラットフォードアポンエイボンのムナフヒタキ
あ~ 妖精(ムナフヒタキ)は あんな高いところに
気温が上昇して昆虫が活発に動けば 採餌場所もそれなりに
変わってくるわけですね







ストラットフォードアポンエイボンのズアオアトリ
以下 数回にわたってホーリートリニティー教会のチャーチヤードを訪れて撮影できた生き物です
Chaffinch~ズアオアトリ







ストラットフォードアポンエイボンのアオカワラヒワ
Greenfinch~アオカワラヒワ(幼鳥)









ストラットフォードアポンエイボンのカラス
Carrion Crow~ハシボソガラス









ストラットフォードアポンエイボンのキバシリ
Treecreeper~キバシリ









ストラットフォードアポンエイボンのクロウタドリ
Blackbird~クロウタドリ









ストラットフォードアポンエイボンのハイイロリス
Grey Squirrel~ハイイロリス









ストラットフォードアポンエイボンのモリバト
Woodpigeon~モリバト









ストラットフォードアポンエイボンのゴジュウカラ
Nuthatch~ゴジュウカラ









ストラットフォードアポンエイボンのウタツグミ
Song Thrush~ウタツグミ









ストラットフォードアポンエイボンのキクイタダキ
Goldcrest~キクイタダキ










ストラットフォードアポンエイボンのヨーロッパコマドリ
Robin~ヨーロッパコマドリ

この他にも Great Tit~シジュウカラ Coal Tit~ヒガラ などを見かけましたが
撮影できませんでした



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ  にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

-

真夏の昼の夢 Epilogue

ムナフヒタキ Corvidae and Team Garden Birds 6
Spotted Flycatcher~ムナフヒタキ (平均寿命 :2年  最長記録 :7年10カ月)
足が短いっていうわりには










ムナフヒタキ Corvidae and Team Garden Birds 7
クチバシが長めに見えます 飛んでいる虫を空中キャッチするそうです









ストラットフォード・アポン・エイボン2
そういえばお墓の上に こんなふうにちっこい虫が飛んでいました









ムナフヒタキ Corvidae and Team Garden Birds 8
わたしがホーリートリニティー教会のチャーチヤードでこの鳥を妖精に見立てたのは 
太陽の光が あまりにもまぶしくて見間違えたから・・・・・
(おいおい それは ”じゃじゃ馬ならし” のプロットだろが!)






こちらの動画をごらんいただければ その理由がおわかりいただけるかと思います
特に後半 消えたと思ったら すぐまた同じ枝に戻ってくる その動きはまるで妖精のよう









クロウタドリ2
教会の墓地って隠れたバードウォッチング・スポットなんですよね









クロウタドリ1
クロウタドリも子育て中だし









モリバト1
モリバトは巣作りをしているし









ヨーロッパコマドリ8
今は換羽の季節でもあるので ちょっとみすぼらしいロビンちゃんにも出会えましたよ









ホーリートリニティー教会のチャーチヤードを舞台に繰り広げられた

”真夏のの夢”








あまりにもばかげているとお思いでしたら こう考えてみてください
あなたはこのベンチで









ストラットフォードアポンエイボン43
お弁当を食べて おなかがいっぱいになり眠ってしまった









ストラットフォードアポンエイボン44
すべては夢の中で起こったことだと









ヨーロッパコマドリ9
マネージャーの写真がお気に召さなければ
もっと上手に撮れるように わたくしロビンが叱咤激励いたします




にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ       にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

-

真夏の昼の夢 ムナフヒタキ

ムナフヒタキ Corvidae and Team Garden Birds 1
Spotted Flycatcher~ムナフヒタキ
体長 : 14cm  体重 : 17g








ムナフヒタキ Corvidae and Team Garden Birds 2

ガーデンでは一度も撮影記録のない鳥だが
図鑑ではガーデンバードとして載っている








ムナフヒタキ Corvidae and Team Garden Birds 3
ストラットフォード・アポン・エイボンのホーリートリニティー教会の
チャーチヤードで初めて見ました
いわゆる 初見初撮りってヤツ? 
そりゃもう本当に夢を見ているようでした






ムナフヒタキ Corvidae and Team Garden Birds 4


ヨーロッパコマドリ7
上の2枚でロビンちゃんとよく見比べてみてください
足が短いって書いてあったけど こうして比べてみると
確かにロビンちゃんの足の長さが目立ちます






ムナフヒタキ Corvidae and Team Garden Birds 5

イギリスでは5月頃~8月にかけて見られる夏鳥とのこと
最近は天候不順 ちょっと肌寒い日が続いたりしているイギリス
もしも8月にストラットフォード・アポン・エイボンにお出かけの予定がある方は
機会があったら ホーリートリニティー教会のチャーチヤード
そんなに広くないから お墓の上を探してみてください
灰色っぽい鳥がこんな感じでチョコンと留まっていたら
それがムナフヒタキです 8月下旬には早くもアフリカ方面へ旅立ってしまうのだとか





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

-

真夏の昼の夢 Enter a Fairy



Fairy 3
こんにちは妖精さん どこへ行くの?
                                                                                                                                                                                     
                                                                                                                                                                                                    
                                                                                                                                                                                                          
                                                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                                                      

                                                                                                                                                                                                               

Fairy 1
わたしは丘を越え谷を越え
                                                                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                                        

                                                                                                                                                                                                        


                                                                                                                                                                                                        

Fairy 5
ガーデンを越え チャーチヤードを越え









Fairy 2
月が地球をまわるよりも速く









Fairy 4
アフリカとイギリスをひとっ飛び









Fairy 9
さよなら のろまなマネージャー わたし忙しいの









Fairy 7
わたしも忙しいの









クロウタドリ
だって子育て中なんですもの









Fairy 6
わたしだって忙しいんだ~ ああ~ どいてどいて~ ぶつかる~









モリバト
いま巣作りの真っ最中なんだから 邪魔しないで









Fairy 8
舞台はもちろん シェイクスピアの眠るホーリー・トリニティー教会
ストラットフォード・アポン・エイボン
真昼のチャーチヤードで繰り広げられる生き物たちのお話に
しばしおつきあいください

*妖精らしさを出すため 被写体はブレています
ご了承ください(←しらじらしい言い訳ですがどうぞご許しを)






にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ  にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。