Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

The Mushroom Basket in レスター

舞茸のポタージュスープ 2
こんにちは ぼくティット ロビットでもホビットでもガネットでもない
Blue Tit(アオガラ)のティット どうぞよろしく
今日本にガーデンバード留学中 今日はこのマイタケと







舞茸のポタージュスープ 1 
冷蔵庫の中にあったタマネギ サツマイモを使って









舞茸のポタージュスープ 3 
ポタージュスープを作りました ブレンダーを使ったからとても楽にできたよ









舞茸のポタージュスープ  
とろ~り ほんのり甘めのマイタケのポタージュスープの完成で~す
このコーヒーカップ見て カラスが描かれているよ
これはマネージャーの門外不出の カラスグッズコレクション の一つ
日本画家の河鍋暁斎の印章の一つがデザインされたカップなんだって
(現在は非売品になっているらしい)
















☆       ~       ☆       ~       ☆       ~       ☆















イギリスのキノコファーム 1 
イギリスのスーパーでもシイタケやマイタケは手に入るんだけど
なかなか新鮮なものに巡り合えなかったり タイミング悪いと入荷待ちだったり
あるいは日本食のことは一切忘れてイギリス食材を存分に使いまくる・・・とか

あるときマネージャーはイギリスで知り合った日本人のお友達に
レスターシャー州にある きのこファームに連れて行ってもらったことがあるんだ 




イギリスのキノコファーム 2 
そのファーム直営のショップがその名もズバリ The Mushroom Basket
(ショップの情報サイトへ飛びます)







イギリスのキノコファーム 3 
入り口を入ると 何だかいろいろなマッシュルームグッズがあるよ 博物館みたい









イギリスのキノコファーム 7 
ほら きのこのトランプだって 楽しそう









イギリスのキノコファーム 4 
いろいろな種類のきのこが入ったミックスのパックのほか









イギリスのキノコファーム 5a 
個別のパックもあったよ イギリスにお住まいの方は 
こんなマークの付いたパッケージ どこかで見たことある~なんてことない?








イギリスのキノコファーム 6 
お友達が棚にないキノコを持ってきてくれと頼んだら
店員さんが工場の中から ごそっと新しいのを持ってきてくれたんだ
採れたて新鮮!







イギリスのキノコファーム 8 
こんなスタンプカードもあったんだよ
(*これは去年行ったときのものだから 今もこういうのがあるかどうかわからない)








イギリスのキノコファーム 9 
外から見るとこんな感じ いったい何があるのか 知らない人にはさっぱりわからない









イギリスのキノコファーム 10 
周りにはヒツジや









イギリスのキノコファーム 11 
牛がのんびりと草を食み









イギリスのキノコファーム 12 
なんとキジまで発見しちゃったり ホントにのどかな田園地帯









イギリスのキノコファーム 13 
イギリス冬場のビタミンD不足を解消!









レスターシャー州b 
このグリーンの範囲がレスターシャー州 きのこファームがあるのが白い↑のあたり
中心部にレスター市 プリンセス・眞子さまが過去に留学していたところだね







レスターa 
もっと広範囲の地図で見ると 青い←がそうだね









リチャード3世の棺 1 
レスターといえば何年か前にリチャード3世の遺骨が駐車場を掘り起こして発見されたことで
有名になったんだけど 覚えている人いるかな?!








リチャード3世の棺
DNA鑑定の結果 間違いないということで 去年の3月にはその遺骨を埋葬するセレモニーが
盛大に行われたんだ (その時の町の様子をレポートした記事は⇒ここをクリックしてね!) 








イギリスのキノコファーム 14 
スタンプカード期限切れちゃったけど きのこファームのスタンプカードなんて
あまり見たことないから記念にコレクションしておくんだって
日本にもきのこのスタンプカードってあるのかな?!



      


-

初めて訪れる町での Queue~列 対策

 リチャード3世 11 
"This will be a queued event・・・・・”
リチャード3世の遺骨の入った棺 再埋葬までの3日間 レスター大聖堂内で
一般の人に公開されるということで先日見に行ってきました

レスターに行くのは初めて とりあえず駅からレスター大聖堂までの地図だけ
プリントアウトして持参 日本から持ってきたガイドブックには
レスターについての個別の記述がないんです だからレスターと言ったら
チーズしか思い浮かばなくて・・・・・地元にお住まいの方 すみません ホントに無知なもので

それで3月21日~29日までの間 リチャード3世の再埋葬のスペシャルイベントが開かれるということで
駅の改札を出たら臨時のインフォメーションテーブルができていて
いろいろな資料をピックアップ 何だか食べ物系 多いじゃん!

でもこれで町おこしというか リチャード3世のビジターセンターなども去年の7月
大聖堂前に新しくできたとのこと 観光ビジネスに益々拍車がかかるのでしょうかね?
ストラットフォードアポンエイボンのシェークスピアのお墓みたいに


リチャード3世 18 
ウェブサイトで最初から 列に並ぶイベントと書いてあったので状況をまずチェック
このまま並ぶか お昼を食べてから並ぶか即判断








リチャード3世 13 
先に食べることにしました あらかじめ調べておいた Mrs. Bridges Tea Room
列の進みぐあいを窓から眺めながらランチ 

コーヒーやサンドイッチなどを買って並ぶという方法も考えましたが
この日は寒かったし トイレに行きたくなったら大変なので
Queue に並ぶ前に全て済ますことに




リチャード3世 14 
これ 何のサンドイッチだと思います? スペシャルサンドイッチのメニューの中から









リチャード3世 15 
下から3番目の Cockles 日本語で調べるとザルガイと訳されている
シジミくらいの大きさの貝とアスパラ チェリートマト フェタチーズのサンドイッチ
地元ではティールームでこういうメニューは見たことがないので







リチャード3世 16 
トライしてみました 別にどうってこともなくフツーにいただきました
このティールーム アフタヌーンティーも美味しそうでしたよ









リチャード3世 12 
さて ランチ後 トイレも済ませていざ Queue へ これから2時間どう過ごそうか
まずすぐ後ろに並んだ人とおしゃべりはじめます それから








リチャード3世 17 
通りにはたくさんのカフェが並んでいたので メニューなどチェックしたりして
”オメガ3を摂りなさい” このカフェにはサーディントーストありますね





 


リチャード3世 19 
ここがランチを食べた Mrs. Bridges Tearoom
あの上の窓から通りを眺めていたんです








リチャード3世 20 
鳥はいないのかな~ とカラスがどこかで鳴いている声が聞こえてきた
あ~ あんなところから ”フ~ム 何だか最近町中が騒がしい” って思ってるのかも








リチャード3世 21 
なんだかんだ ああだこうだしながらやっと1時間 大聖堂の表側にたどり着きました









リチャード3世 23 
あそこのテレビクルーはどこの局かしら? なんていろいろ話したり









リチャード3世 22 
このエントランスの前が蛇行して並んでいるから 建物が目の前でもなかなか進まないんです
中に入ったら し~んとして 厳かな雰囲気に包まれていましたよ








リチャード3世 10a 
帰る時にもまだこんなに並んでいました 大聖堂の裏から通りをぐるっとほぼひとまわり
時間はかかったものの 目的は達成することができました





にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

-

3月24日9:30am-12:30pm & 2pm-5pm, 3月25日9:30am-12:30pm まで

*3月24日  8:12am 追記
3月24日 9:30am~6:15pm 7:15pm~9:00pm に延長
3月25日 7:00am~12:30pm に延長







 リチャード3世 1 
レスター大聖堂で







リチャード3世 2 
2012年に発掘された







リチャード3世 3 
リチャード3世の遺骨をおさめた棺を







リチャード3世 4 
一般の人も







リチャード3世 5 
見ることができます(入場無料)  
火曜日には夜7時15分~9時の時間帯も追加されたもよう(BBCニュースによる
木曜日には再埋葬されますが その時はインビテーション オンリー

その棺はリチャード3世の末裔で→姉の女系の子孫で DNA鑑定のため一躍脚光をあびた
Mr.Ibsen によって作られたのだとか 職業は何と家具職人
なんというめぐりあわせでしょう!

ピーク時には2時間ほどのQueue~列 覚悟で






にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

このカテゴリーに該当する記事はありません。