Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

里山ワイルド

 里山21
(前記事より 続き)
あら あんなところに








里山22
ちっこい鳥さんがいるわ










里山23
初めて見る鳥さん










里山24
あっ アタマの上が青い きっとオオルリさんね
へ~ あばずれネコさくらちゃんのお家の近くでも見ることができるなんて
マネージャーもビックリ







里山25
ちょっと待って なにこの足跡? まさかクマ?!

 








里山26
わたしと比べると大きいけれど マネージャーの大足と比べると
さすがに小さいわね









里山27
先端の部分が2つに分かれているように見えるのよ










里山28
地面をひっかきまわした跡もあるし・・・・・










里山30
ほら こんなちっこい足跡もある










里山29
お山の上から下って来たと思われる 大小の無数の足跡











里山31
足跡だけでも手掛かりになるわ これはアメリカの野生動物ガイドなんだけど・・・・・
あらいやだ みんな先端が2つに分かれていて・・・これじゃどれだかわからない! 
でも英語の名前が日本にいる動物と同じのがただ1つだけあったの







里山32
それは Wild Boar つまりイノシシ!
ということは ここにはイノシシも出没するということ!!!
里山ってワイルドなのね


      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事
-

コッチの写真は大丈夫

コチドリ1
にょろにょろしていても












コチドリ2
ほ~ら こんなにちっこくて よく見えなかったり












コチドリ3
時には












コチドリ4
ハズしちゃって何もくわえていなかったりするから ぜんぜん気持ち悪くないでしょ


      
にほんブログ村


人気ブログランキング

-

あなたもすでにつかまっているのよ~ん



(o゚□゚)o≪≪≪ワアァァァァァァッ!!
















メダイチドリ1
だけどこのクチバシより先 ちょっと見せられないんだな










メダイチドリ2
だってさ にょろにょろ動いているんだもん
まぁ 私たちのエサはそれだけ新鮮だということなのだけれど









メダイチドリ3
そんな画像見て卒倒する人が出たら困るじゃない!



      
にほんブログ村


人気ブログランキング

-

おまえはもうつかまっている

チュウシャクシギ2
おまえはもう・・・・・・・

























キャ─Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)Σ(゜Д゜)ノノ─ァァァッ!!!









                                       

                                                   














チュウシャクシギ
つかまっている















チュウシャクシギ3
目を細めているところがちょっとコワそうな・・・日本で撮影したチュウシャクシギ

Whimbrel~チュウシャクシギ
全長:40~46cm
体重:270~450g
平均寿命:10~15年
最長記録:24年

イギリスでは4月中旬から9月ころまで 海岸沿いの干潟のある地域で見ることができるそうで
スコットランド最北部 オークニー諸島やシェトランド諸島では繁殖しているとのこと
そのシェトランド諸島にあるフェトラー島で1986年に標識をつけられたチュウシャクシギが
2010年に同じ島で繁殖しているのが確認されたのが 世界で一番長生きの記録と
当時の BBCニュース で報じられたそうです

そのフェトラー島のチュウシャクシギが見つかる前までは 16年というのが最長だったそうですが
その鳥は1995年にフランスで撃たれてしまったのだとか



      
にほんブログ村


人気ブログランキング

-

ウスターのハヤブサ

ウスターのハヤブサ1
3月7日から紹介している 過去に訪れたイギリス ウスター
さて この写真をよく見てください・・・・・って また視力検査?!
こちらは前記事のウスター大聖堂のタワーの上から見えた
St. Andrew's Spire(またはGlover's Needle)





ウスターのハヤブサ2
2009年 ハヤブサのペアが巣を作った
市はウェブカメラを設置してインターネットで配信
多くの人が子育ての様子を見守っていたそうです







ウスターのハヤブサ3
4羽の雛が孵り Charlie Bobbin Potter Tinker と名付けられました










ウスターのハヤブサ4
カモメにモビングされて巣から落ちて保護された雛ちゃんもいたそうですが
保護されてワイルドライフセンターで回復後 また巣に戻されてから
4羽の雛ちゃん全員が巣立ちを迎えることができたそうです








ウスターのハヤブサ5
その後はBobbinと名付けられたメスが このあたりに戻って来ていたらしい










ウスターのハヤブサ6
このハヤブサはBobbinではないようですが まさにこの棒の内側に
Webcam が設置されているのでもしかしたら誰かがやって来たところを
見られるかも~ 見れなくてもウスターの街並を眺めてみてもイイかも







ウスター2
あっ  カモメさんはカメラを設置しなくても見られるわよね えっ?
お気に入りの場所へ案内してくれるの?









ウスター1
まあ イギリスでは超・超・超有名な作曲家 エドワード・エルガーさんの
アタマの上でカモメさん的 ”威風堂々” ?! 
ウスター近郊のLower Broadheathにある生家は博物館になっていたのよこの時は

それが今がはクローズされているらしいのだけれど
National Trustの管理のもと 新しいティールームも作って
2017年の Late Spring に再びオープンするらしい
もし行かれる方は  情報をよく確認されてからお出かけした方がいいですね



      
にほんブログ村


人気ブログランキング




関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。