Corvidae and Team Garden Birds カラス科とチームガーデンバード

British and Japanese Wildlife Photo Blog カラス科の鳥やイギリス・日本のワイルドライフ(時にはヒューマンライフも)を写真で紹介
-

セヴァーン川から眺めるウスター大聖堂もきれいですよ

ウスター セヴァーン川1
(前記事 ウスター続き)
タルト食べて満足 ウスター市内を流れるセヴァーン川
橋を渡って対岸へやってきました でもここにたどり着いた時には曇っちゃって
本当にイギリスのお天気は1日のうちにころころと変わるからね~

ところでこの River Severn~セヴァーン川 はイギリスで一番長い川なんですって
全長354km ウェールズ~イングランドを経てブリストル海峡に注ぐ

ちなみにロンドンを流れる River Thames~テムズ川は2番目で 全長346km
でもイングランドの中では一番長い川ということになるそうです

しかしながらテムズ川の本当の水源が地図上でサイレンセスターの南西およそ8kmの地点ではなく
チェルトナム近郊のSeven Springsだという説もあって
この水源からRiver Churnという川が流れてその川がサイレンセスターで
テムズ川に合流するから本当の水源はSeven Springsなんだという議論が
前からあるのだとか まあイギリスらしい論争かと・・・・・
(もしそうなると川の長さがセヴァーン川より長くなるから順位が逆転するらしい)



ウスター セヴァーン川4
そんなことはコブハクチョウさんたちにとってはあまり関係がなさそうかな









ウスター セヴァーン川5
・・・・・と コブハクチョウさんたちの間をボートが!









ウスター セヴァーン川6
大学のボート部の学生さんたちでしょうか?









ウスター セヴァーン川7
目指すは東京オリンピック!!!









ウスター セヴァーン川8
白鳥さんたちも目指していたものがあったのよね
やっぱり食べ物の誘惑には勝てないでしょ
実はこの時 ウスター大聖堂のギフトショップで
コブハクチョウさんのエサを売っていたんです
夏になるとコブハクチョウさんたちは換羽期を迎え飛べなくなるので
栄養補助食品としてバランスのいいエサを食べてもらおうと
大聖堂やカフェなどでエサを販売していたようです
コブハクチョウさんたち 大事にされているのですね

ウスター セヴァーン川3
これは大聖堂のタワーの上からの眺め こちらが下流 









ウスター セヴァーン川2
そしてこっちが上流・・・・・(以上撮影時期 6月)
川を遡っていったらどんな町にたどり着くのかしら?


      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事
-

何がすごかったかというと

ウスター大聖堂24
(前記事 ウスター続き)
”ウスター大聖堂にはジョン王のお墓がある” と教えてくれた
マネージャーの知り合いのイギリス人







ウスター大聖堂25
ジョン王のファンだったのかしら?









ウスター大聖堂26
ジョン王って何をした人? っていうくらいイギリスの歴史の知識がないマネージャー
マグナカルタを制定した人 じゃあやっぱりすごい王様なんだ・・・・・
まあ マネージャーはどうしてマグナカルタができたのか とか
ジョン王がどんな王様だったのかよく知らなかったのね





ウスター大聖堂27
BBC History Figure では一番最初に
”・・・most famous for signing the Magna Carta." って書いてあったのよ 
それがThe Telegraph では
” the most  evil monarch in Britain's history"
そもそも幼少の頃に ”John Lackland~欠地王" とニックネームをあたえられてしまったことが
一番因縁めいているのでしょうか???


ウスター大聖堂28
ウスターにはジョン王のお気に入りの狩猟場があったり









ウスター大聖堂29
ウスターで司教を務めのちに聖人となったウルフスタンを崇拝していたこともあり









ウスター大聖堂30
王の遺言によりウスター大聖堂に眠ることになった・・・らしい
1232年に作られた石棺の上にある彫像は
王家のものとしてはイングランドで一番古いのだとか
はあ そりゃすごいかも・・・・・評判の悪い王様だったけど


      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事
-

Climb the Tower ウスター大聖堂

ウスター大聖堂22
(前記事 続き)
こんにちは わたしパフィット ロビットでもホビットでもガネットでもティットでもない
Puffin(ニシツノメドリ)のパフィット どうぞよろしく
マネージャーと1回限りのイギリス女子旅の記録の続きよ

ウスター大聖堂の前に紹介していたリッチフィールド大聖堂で
タワーに登ることができなかったマネージャー
今度はどうしても登りたいって聞かないのよ
(2017年のスケジュールはこちらでご確認を⇒ Climb the Tower )










ウスター大聖堂21b
すみません 食いしん坊1人 パフィン1羽お願いします
(*正しくは Adults £4  Children under 16 £2  Family £8)















ウスター大聖堂10
ここからまず109段の階段を登ってから









ウスター大聖堂11
Clock Chamber と呼ばれる部屋に到着
この上に Ringing Chamber というベルを鳴らす部屋と
さらにその上にはベルを調節する部屋があるけど一般には公開されていないとのこと






ウスター大聖堂12
さて一息ついたところで さらに126段の階段を登って・・・・・マネージャーだいぶ苦しそう









ウスター大聖堂13
あっ 光が見えてきた 誰かが ”もうすぐだよ カモ~ン!” と呼んでいる









ウスター大聖堂15
うわぁ~っ タワーの頂上に到着 フロアの高さ52m










ウスター大聖堂14
ようこそ タワートップへ パフィットさん あなたは鳥だから入場料要らないんですよ
カモ~ンとよんでいたのはカモメさんだったのね








ウスター大聖堂17
セヴァーン川とウスター・ブリッジ その奥に鉄道橋がちっこく見える










ウスター大聖堂18a
そしてこちらの白〇印の方角のどこかに
オリジナルのウスターソースを作ったという
Lea & Perrins のソース工場があるそうです







ウスター大聖堂19
こちらには1つだけの尖塔が見えますよ
St. Andrew's Spire(Glover's Needle) と呼ばれているそうです








ウスター大聖堂20a
マネージャー何やら気になっていたことがあるらしい
あのハヤブサさんは位置的に水色の←のあたりにいたってことか








ウスター大聖堂23
でも登った時はあたりにハヤブサさんらしき姿は見当たりませんでした









ウスター大聖堂16
ツアーなのでいつまでも上にいられるわけではなく
ガイドさんやほかのお客さんと一緒に行動しなければならないので
ウスターの街並を一通り眺めてからこの狭い階段を下りました


      
にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。